赤ちゃんのアレルギーとは?

アレルギーは大人だけの問題でありません。

花粉症など後天的に発生するアレルギーも
多いですが、生まれたときからアレルギーが
ある赤ちゃんもいるのです。

ですから母乳やミルクによってもアレルギーが
起こることがあります。

スポンサードリンク




乳製品や母親の摂取した卵などのアレルギーは
生後すぐから発症することがあります。

その他にもアレルギーを発症する可能性の高い
食物はたくさんあり、離乳食では特に気を
付けていかねばなりません。

赤ちゃんのアレルギーの症状

赤ちゃんのアレルギーの症状は大人の
アレルギーの症状と同じようなものが多いです。

例えば、全身に湿疹が出来たり、下痢や
嘔吐になったりします。

また目が充血したり、口の赤が赤く腫れたりします。

重度のアレルギーでは呼吸が乱れることもあります。

また、赤ちゃんは話せませんので、一見何も
症状がないように見えても、強く泣き続けたり
するときには腹痛を感じていたり、喉に違和感を
覚えている可能性もあるので注意が必要です。

アレルギー症状は徐々に強くなることもありますので、
異変を感じたら病院へ相談することが必要です。

ショック状態に陥る可能性もあるためです。

赤ちゃんのアレルギー予防とは?

まずアレルギー予防を考える時に覚えて置いて
ほしいのは、予防していてもアレルギーが発症
しないわけではありませんし、アレルギーの予防を
怠った人がアレルギーになるわけではないということです。

あくまでも赤ちゃんのアレルギー予防は、
リスクを下げる程度に考えるべきです。

赤ちゃんのアレルギーは何も、
食物に限った話ではありません。

手軽にできるのは清潔な部屋を
用意することでしょう。

ダニやハウスダストのアレルギーを予防するため
には清潔な部屋で生活をすることが大切なのです。


また、アレルギー予防のために離乳食を遅く
スタートさせる方がいますが、これは消化器官の
働きを考えるとあまりお勧めできない方法です。


確かに赤ちゃんの消化器官は未熟ですが、未熟な
消化器官とアレルギーの関係性は医学的な根拠がなく、
消化器官を正常な機能にしていくためにはしっかりと
離乳食を食べることの方が良いとさえ言われているのです。


スポンサードリンク




アレルギー持ちの兄弟がいる場合や医師の
指導がない場合では、通常通りの離乳食を
進める方が健康的だと言えるのです。

もちろん、アレルギーの可能性がある場合などは、
離乳食を遅らせるという判断をすることもありますから、
一概には言えません。

しかし、予防という観点からすれば、離乳食を遅く
スタートさせることはあまり関係のないことだと言うことです。

赤ちゃんのアレルギー検査はいつ?費用は?

アレルギーは自己判断で治療を行ってはいけません。

そのためしっかりと検査する必要があります。

一般的には1歳を過ぎてから検査を
行うことが多いようです。

アレルギー検査は血液を利用して行いますが、
1歳前だと血を採取しにくいですし、またアレルギーの
交代自体がまだしっかりとしていないために
検査してもわからないこともあるのです。


しかしすでに何らかの症状が出ている場合には、
アレルギー症状が出た時点で検査をすることに
なるでしょう。

検査費用は保険適用内で5000円程度です。

また症状がなく、アレルギーの有無のみを知りたい
場合は保険適用外ですので注意が必要です。

アレルギー検査をいつ受けるのかどうかは、
アレルギーの兄弟がいる方やアレルギーの
気になる症状がある方など、各個人によって
理由が異なるでしょうから難しいところです。

⇒育児中のお洒落は?

⇒赤ちゃんは音楽で喜ぶ?

医師に相談し、アレルギー検査の必要性などから
決定していくのがいいのではないでしょうか。

アレルギーは民間療法が多いですが、しっかり
医師による適切な治療を受けることが何よりも
大切であることは忘れないでくださいね。