妊娠するとつわりに悩まされる方は多いです。

映画やドラマのような突発的なものではなく、
体調が優れない日が続くので本当に大変です。

種類も多く、吐き気や頭痛、眠りつわりに、
めまいがする方もいます。


スポンサードリンク




実際におう吐してしまう方もいますし、食事を
取ることが出来なくなってしまう人もいるのです。

つわりの仕組み

つわりとは妊娠によってホルモンのバランス等が
大きく変わることによって引き起こされる様々な
体調の変化のことを指しています。

つわりと聞くとどうしても吐き気を想像してしまいますが、
それだけではなく様々な症状があります。

頭痛に悩まされたり、一日中眠くて起きて
いられなくなったり、耳鳴りに悩まされる人もいれば、
胃痛を感じる人もいます。


妊娠初期にはまだお腹も大きくありませんが、
体の中ではめまぐるしい変化が起こっているので、
どうしても不調が表れてしまうのです。

つわりは個人差が非常に大きいものですが、
妊娠した方の実に80パーセントの方々がつわりを
体験したと答えています。

それほどつわりは妊娠にとってはつきものなのです。

つわりの平均的な期間

つわりはいつから始まって
いつ終わりを迎えるのでしょうか。

一般的にはつわりは妊娠5週目、または妊娠6週目
から徐々に症状が表れてきます。妊娠5週目から
6週目は、まだ心拍を確認できていない方も多いでしょう。


エコーで見ることが出来るのは胎嚢だけであることが多く、
つわりを感じてから妊娠が判明した方も多いくらいです。

そして妊娠10週目前後につわりはピークを
迎えると言われています。

胎嚢が胎芽になっていく目まぐるしい変化の
時期ですから、それだけ体も影響を受けると
考えられているのです。


スポンサードリンク




平均して妊娠初期の1か月間が
つわりのピークだと言えるでしょう。

 

つわりの影響は?仕事を辞める時期はいつ?

 

つわりはほとんどの妊婦が経験することでは
ありますが、その辛さは個人差が大きく同じ
妊婦でも分かり合えないとさえ言われています。

ムカムカする程度の方もいれば、入院生活を
余儀なくされる方もいるのです。

そしてこれは、妊娠して実際につわりの症状が
出てみないとわからないことなのです。

つわりに悩む時期は一般的には妊娠初期ですので、
仕事をどうするか悩むことになりますよね。

そのため産休に入るのには早すぎたり、妊娠初期で
あるため職場に報告していないという方もいます。

つわりのピークは1か月程度であるため休職を
選択する方も多いようですが、つわりを期に
仕事を辞める方も多いです。

つわりはその後の経過も個人差が大きいので、
最終的には自分で判断するしかないといえます。

出産よりつわりの方がつらかったと感じる人も
いるのは、このように予見できないことが
多いことも原因かもしれません。
つわりが出産まで続く人もいる?

つわりは一般的に妊娠5週から始まり、妊娠10週を
ピークにその後症状が消えていきます。


しかし、つわりに悩んでいる妊婦のおよそ
15パーセントは、出産までつわりに悩まされると
言われています。


また比較的症状が重い方は、つわりが長引く
傾向にあるようです。

つわりには必ず終わりがありますが、その終わりが
出産になる可能性もあることを頭に入れておきましょう。

誰でも悩まされるものと辛くても我慢していると、
脱水に陥ったり酷い貧血を起こしたりと、
入院が必要になる場合もあります。

食事が取れなかったり、おう吐し続けてしまう場合は、
検診を待たずに診察を受けるべきですので、注意してください。

つわりは個人差が大きいため、個人個人で
判断しなければならないことが多いです。

⇒つわり症状平均いつからいつまで?

⇒出産後生理いつから?

そのため医師に相談するなどし、無理のない
範囲で仕事を行いましょう。

同様に家事や育児も無理のない範囲で行うべきです。