妊娠すると「hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)」
という成分が分泌されます。

このhCGは尿中や血中に現れ、妊娠週数が
進むにつれ濃度が濃くなります。


スポンサードリンク




ある一定の週数(妊娠10週前後)
をピークに減少していきます。

妊娠検査薬では、この「hCG」が反応し
妊娠している場合は陽性反応がでます。

妊娠検査薬は排卵日から2~3週間目には
陽性反応が出るように作られてはいますが、
hCGの分泌量が少ない間は反応の印が
薄かったり反応が出ない場合があります。


通常は「生理予定日1週間後」から検査でき、
正確反応率もあがります。

「生理予定日から1週間後」に検査できるキットは、
「hCG」が50mIu/mlで反応するようになっています。

「生理予定日から」フライング検査できるキットも
ありますが、こちらの場合ですと「hCG」
25mIU/mlで反応するようになっています。

正確性は99%と書いてありますが、確かな
数字ではないと言う報告もあるそうです。

商品がダメという訳ではなく、分泌の量に個人差が
あるため早くから分泌が多いかたと少ない方では

反応の出る時期が変わるので、確実に反応を
知りたいのであれば、やはり「生理予定日1週間後」
の方が、確実な分泌量があると言えます。

何種類かある妊娠検査薬ですが、その中から
二つを紹介してみたいと思います。

妊娠検査薬は手軽に自宅で反応を
見れるものですが、「hCG分泌量」
少ない場合反応がでない場合もあります。

反応が出なくても妊娠の可能性がある場合は、
日にちをおき再度検査するか、
病院で検査してください。

【商品名:クリアブルー(オムロンヘルスケア)】

50カ国以上で販売実績のある妊娠検査薬で
世界№1のシェアを誇ります。


スポンサードリンク




判定時間も1分と短く早い時間で検査結果がでます。

朝・昼・夜、問わずいつでも検査可能です。

棒の先に5秒間尿をかけ、「終了確認窓(丸い窓)」
に青い線がでるのを待ちます。

約1分後に「判定窓(四角い窓)」にハッキリ青い線が
でたら陽性となり妊娠反応がでたと言う事になります。

hCG50mlU/mlでの検査結果は
99%以上あると言われています。

フライング検査でうっすら陽性反応が
でたという報告もあるそうです。

「値段」1回用800円(税別)
2回用1,200円(税別)


「妊娠判定できる時期」生理予定日1週間後から

「尿をかける時間」5秒
「尿をかけて置いておく時間」20秒
「判定時間」1分
「正確判定率」hCG50mlU/mlの分泌量で99%

【商品名:チェックワンファスト(アラクス)】

妊娠検査薬の中では
最も早く検査をできるキットです。

フライング検査をしたい方にお奨めですが、
「hCG」の分泌量によっては薄い反応、
もしくは出ない場合もあります。

妊娠していた場合は
「判定窓に赤紫色の線」がでます。

hCG25mlU/mlの分泌量で検査できるように
なってはいますので、判定窓に出た線が
薄い赤紫色の場合でも陽性とみなし、
妊娠していると考えてください。

薬局での購入しかできないので
お求めは薬局でお願いします。

⇒妊娠検査薬の陽性で気を付けること

⇒妊娠検査薬いつから確実?

「値段」2回用1,500円(税別)
「妊娠判定できる時期」生理予定日当日から
「尿をかける時間」3秒


「尿をかけて置いておく時間」5秒
「判定時間」1分
「正確判定率」hCG25mlU/mlの分泌量で99%