妊娠が判明したばかりの妊娠帳初期は、
どうしても体の些細な変化にも敏感に
なってしまうものです。

妊娠したことによる喜びと、同時に不安を
感じることの多い時期です。妊娠超初期とは
一般的に妊娠0週から3週目までを指しています。

妊娠0週目は前回の生理時を指していますから、
実質的にお腹の中に赤ちゃんがやってくるのは
妊娠2週目からだということは知っていますか。


スポンサードリンク




そのため妊娠超初期は、まだ妊娠に気が付かない
人も多いので情報が少なく不安を感じて
しまいやすいかもしれません。

そこで妊娠超初期のイライラやお腹の張り、
動悸の原因について説明していきます。

妊娠超初期のイライラはどうして起こるの?



妊娠超初期にいつも以上にイライラしてしまった
という人は多いです。

妊娠すると母性に満ち溢れて人に優しくなれると
思っている人は案外多いですが、
ホルモンのバランスの変化によってイライラしやすく
なってしまいやすいのです。


女性は生理周期に合わせて
様々なホルモンが働いています。

妊娠超初期は妊娠したことによって通常は減少して
いくはずのホルモンが増加していき、これにより体は
ストレスを受けてイライラしやすくなってしまうのです。

妊娠超初期はお腹も大きくなっていませんし、
つわりなどの一般的にイメージしやすい妊娠の
症状は出てきていないことが多いです。

しかし、体の見えない部分では
大きな変化が始まっているのですね。

妊娠超初期のお腹の張りは大丈夫?



妊娠超初期にお腹が張ると不安になってしまいますよね。

お腹の張りは妊婦にとって様々なトラブルが
隠れているかもしれないもので、赤ちゃんから
の大切なサインであることもあります。

本格的にお腹の張りに悩まされるのは
妊娠中期あたりからで、お腹がぎゅっと変化
するのでわかりやすいサインになっています。

しかし妊娠超初期の場合は別です。


まだ子宮は妊娠前の大きさと変わりませんから、
お腹が張るのは子宮の収縮よりも
便秘であることが多いです。

妊娠超初期は、骨盤内の血流が変化すると
言われていますし、腸の活動が鈍くなって
しまいやすいのです。

これは、子宮を安静にしようとする働きが
原因ではないかと言われています。

またホルモンのバランスによって便秘に
なりやすくなっていますから、とにかく便秘に
ならないように気を付けていくしかありません。


スポンサードリンク




しかし便もしっかり出ていてガスでお腹が
張っているわけでもなく、痛みがあったり
出血がある場合は必ず病院に連絡してください。

お腹の張りはトラブルの原因であることも多い為です。

妊娠超初期の動悸の原因は何?



妊娠は人によって様々な症状が出ますし、
妊娠超初期には何も変化を感じなかった
という人もいます。

そのため妊娠超初期の動悸も、
必ず起こるものではありません。

では、妊娠超初期の動悸は気のせいなのでしょうか。

実は妊娠超初期の動悸は貧血性の
ものであることも多いです。

妊娠超初期は、まだまだ体の変化は目に
見えないものですが、体内ではめまぐるしい
変化が起きているのです。

もともと貧血である場合は、よりその症状が
進むと言われており妊娠期間中は鉄分不足に
気を付けなければなりません。


これは出産時もそうですし、
産後にも関係してくることです。

妊娠超初期の段階で貧血であると、ドキドキして
苦しくなったりしてしまうのです。

妊娠超初期の段階で動悸を感じる人は
少ないですが、妊娠期間中に動悸を感じた
ことがある人は半数程度いると言われています。

ですから、動悸が激しい場合は貧血を疑い
薬を処方されることも多いです。

酷い動悸がする場合は医師に相談し、
検査を行ってみましょう。

妊娠超初期は、まだ病院に行くのは早すぎる
かもしれないと感じている人も多く、体調が
悪い場合でも我慢してしまいがちです。

確かに妊娠超初期では、まだ赤ちゃんが
確認できないこともあります。

それでも妊娠期間中も安心して服用できる薬など、
病院で処方してもらって症状が改善できるのであれば、
相談するのも大切なことですよ。