月経がある4人に1人に出来ると言う「子宮筋腫」
は子宮の壁に出来る良性の腫瘍(コブ)です。

悪性腫瘍に変化する事はほとんどなく症状も
様々で治療も人により変わります。


スポンサードリンク




子宮筋腫が出来ていると思わず
悪化してから気づく方も多いです。

妊娠を考えている女性にとっては、
子宮筋腫が不妊の原因になる事もあります。

女性特有の婦人科系の病気に関して、
ガマンしがちですが、早期に治療をする
方が良いので、生理痛などが酷かったり
する場合は受診しましょう。

【子宮筋腫の原因】


ハッキリした原因は解明されていませんが、
子宮壁にコブのようなものが出来ます。

そのコブは筋肉が異常増殖したもので
卵巣から分泌される女性ホルモンが
影響を及ぼし筋腫が育つのではないか、
と考えられています。

その為か閉経後は自然と小さくなります。

【子宮筋腫の種類】


子宮筋腫には子宮の内部に出来るものと
外部にできるものなど色々あります。

症状はそれぞれ異なります。
大きく分別すると4つあります。

『漿膜下(しょうまくか)筋腫』


・子宮壁の最も外側にでき、外に向かって
大きくなる為、子宮から突出するので他の
筋腫と違い、過多月経・貧血などの症状が
でない為、気づきにくいのが特徴です。

キノコの様に茎を持つタイプもあり、
れじれて激痛を伴う事もあります。

筋腫が大きくなっていくと膀胱・直腸など他の
臓器を圧迫し頻尿や便秘を起こす事があります。


スポンサードリンク




『 粘膜下筋腫』


・子宮の内側にでき、子宮内膜に筋腫の
栄養血管がでて、小さい筋腫でも月経時に
大出血を起こしやすく、過多月経になります。

強い貧血を起こしてしまう事が多く手術の
対象になる筋腫です。受精卵が着床
しにくくなるので不妊症の原因になる筋腫です。

※『筋腫分娩』「粘膜下筋腫」が大きくなると
茎を持ってぶら下がる様に子宮の中で育つ
事があり子宮口から膣に飛び出してしまう事も
あり陣痛のような激痛が起こります。


筋腫を伝って細菌感染を起こし
危険な状態になる事もあります。

『筋層内筋腫』


・子宮の筋層内にできる筋腫で、子宮筋腫の
一番多いタイプです。

小さいものなら、ほとんど症状がなく色々な
場所に何個もできます。

大きくなっていくと、
過多月経や強い生理痛を伴う事があります。

『頸部筋腫』

・子宮の上部の3分の2の部分を子宮体部といい、
その下3分の1にあたる部分の円柱型の場所を
子宮頸部といいます。

その場所にできる筋腫を「頸部筋腫」と言います。

「頸部筋腫」は珍しい筋腫で
小さい間は経過観察します。

大きくなると過多月経になり、貧血状態が
酷くなりますので、手術が選択されます。

【子宮筋腫の症状】


筋腫が大きくなったり、筋腫が増えると
様々な症状がでてきます。

反対に症状が全くでない人もいます。

小さい筋腫の時は気づかない事も多いのですが、
大きくなると「過多月経」が起こります。

レバーの様な血の固まりが混じって
出てきたり、生理期間が長引いたりします。

「不正出血」も見られ生理痛も酷くなります。

出血の為に貧血になり、息切れ・めまい
・倦怠感などの症状も起こります。

筋腫がかなりの大きさになってくると、周囲の
臓器を圧迫し、下腹部痛・腰痛・排尿障害
・便秘
などの症状もでます。

筋腫によっては「不妊・流産」の原因にも
なりますので、生理痛や出血に疑問を
感じたら早急に婦人科を受診する事をお勧めします。