近年では若年層にも発症するようになった
「子宮内膜症」ですが、
痛みや発症する場所も様々です。

「子宮内膜症」は子宮以外の場所に
体部内膜組織が増殖して腫瘤
(しゅりゅう:シコリやコブ)


スポンサードリンク




を作り癒着を起こしたりし、

・月経痛
・下腹部痛
・性交痛
・腰痛
・不妊


など引き起こします。

10代~30代に多く子宮筋腫より発症年齢が
若くで起こるのが特徴です。

酷くなってきますと日常生活も
出来ないほどになってきます。

『子宮内膜症が出来る場所』

色々な場所にできますが、骨盤内に発生
したものを主に「子宮内膜症」と診断します。

子宮筋層(線筋症)に見られる事が多く、
直腸・腸管・膀胱などにも発生します。

体のどの場所にも発生し、肺・皮膚・横隔膜
・外陰・胸膜・へそ、
などにも出来る事もあります。

『子宮内膜症の原因』

医学的には解明はまだされていないのが
現状ですが、研究結果から有力な説はあります。

[子宮内膜移植説]

生理の時の経血は子宮内膜が剥がれ
落ちたものを外に排出しています。

この剥がれた子宮内膜が子宮口から
排出されず、卵管を通り逆流してしまい
腹腔内に停滞してしまい子宮内膜と
同じ様な組織を作ってしまう、という説です。

[体腔上皮生説]

生体的な何かが原因で腹膜が子宮内膜に
突然変異してしまうのでは、という説です。

[アレルギー説]

アレルギーの影響で子宮内膜症が
発症する、という説です。

[ストレス説]

ストレスで深く悩むと心身共にバランスを
崩し自律神経失調になります。

自律神経の働きが低下した事で正常な
体調が維持できず狂ってしまい
子宮内膜症を引き起こすのでは、という説です。


スポンサードリンク




毎日少しずつストレスが蓄積し睡眠不足や
栄養失調も加わり自律神経を悪化させている
のが原因の一部ではないかと言われています。

若い世代に多いのは、生理の回数や妊娠との
関係があるのではと言われています。

エストロゲンの分泌に関係があり閉経後や
妊娠・授乳中も月経が停止する時は
エストロゲンの活動が抑えられるので
子宮内膜症も治まったり自然治癒します。

エストロゲンの分泌に
大きく関係しているのは間違いありません。

【緩和改善方法】としては、治療しかないです。

[手術療法][薬物療法]の2通りになります。

漢方なども効くといいますが、痛みの緩和には
効果があるかも知れませんが根本的な
解決にはなりません。

【手術療法】

医師と相談したうえで病状により決まります。

・腹腔内にできた病巣部位を取り除く方法
・原因である子宮や卵巣も取り除く方法

【薬物療法】

2種類の方法があります。

・鎮痛剤を使用しての対症療法
・ピルなどを使用した内分泌療法


『対症療法とは』プロスタグランジンが原因で
痛みを起こすのではと言う事で対症療法では
一般的な鎮痛剤ではなく、プロスタグランジン
の分泌を抑える薬を使用します。

『内分泌療法とは』一般的に良く聞くのが
中容量ピルか低容量ピルを使用する方法です。

ピルを使用する療法は「偽妊娠療法」と言い
子宮内膜の増殖・排卵を抑える効果を利用し
ピルでコントロールするので経血が減り、
物理的に月経痛を軽くするというメリットがあります。

「まとめ」

子宮内膜症の緩和治療として一般的な治療法を
載せましたが「妊娠・出産希望」「妊娠はもういいです」
の患者さんの希望でも治療法は変わりますので
医師との相談は絶対に欠かせないものになります。