少し前までは30代や40代に多い病気と
言われてきましたが最近では10代・20代
にも増えてきている子宮内膜症とは
一体どんな病気なのか調べてみました。


スポンサードリンク




「月経の仕組みを知ろう」子宮の内腔は
子宮内膜という粘膜で覆われていて
卵巣から女性ホルモンの影響を受け
周期的に出血を繰り返します。

これが「月経」です。

「子宮内膜症」とは、子宮内膜と同じ様な組織が
正常な子宮内腔以外の場所に増殖し月経の
たびに出血を繰り返します。

月経ではないので膣から出血が出て行けず、
その場所に溜まってしまいます。

その為、子宮周辺に炎症を起こしたり
癒着したりし月経のある間ずっと病気が
進行してしまいます。

発症しやすい場所は・卵管・卵巣・骨盤腹膜などで、
子宮の筋層内に発生する場合も多く、
子宮線筋症と呼ばれています。

「子宮内膜症の症状」には、色々な症状があり、
痛みを伴います。

子宮内膜症の最も多い傷み方の表現として
「ズキズキとうずく耐え難い痛み」だそうで、
それが長引くのですから相当な痛みです。

普段の生活も出来ないようになってきます。

下腹部だけでなく、腰部・骨盤・肛門の奥などにも
激痛が走るようにもなります。


スポンサードリンク




そうなってきますと、
気分不快・下痢・吐き気なども起こしてきます。

【過多月経】


「月経の血の量が多い」
「レバー状の固まりが出る」


という方は約半数います。

子宮内膜症の中の子宮線筋症に
良くみられる症状です。

長期に渡り長く続きますと中等度~高度の
貧血を起こしますので要注意です。

【月経痛・月経時以外の下腹部痛や腰痛】


子宮内膜症の方の9割近くが訴える月経痛は
月経時のホルモンに関係している様です。

月経時、プロスタグランディンという物質が
子宮内膜から分泌し子宮筋を収縮させる

のですが、内膜症になると内膜症の部分
からも分泌される為、子宮収縮がさらに
激しくなるので余計に痛みが酷くなるみたいです。

病気が進行していきますと、子宮周辺に癒着する
事もあり月経痛がさらに酷くなり、月経時以外にも
下腹部痛や腰痛などの痛みを訴える様になります。

【性交痛】


子宮内膜症になっている方は周辺に癒着やシコリが
出来ている事が多く、性行為が刺激になり痛みを
感じる方が約半数にも及ぶそうです。

【排便痛】


直腸やその周辺に癒着があると便や
ガスが通るだけでも痛みを感じる方もいます。

【不妊症】
子宮内膜症のせいで不妊とはハッキリ
言い切れませんが、不妊症の方に腹腔鏡を
してみると子宮内膜症の方が多いのは確かです。

子宮内膜症の約半数の方が不妊に
悩んでいるのも確かです。

原因として考えられるのは、卵管や卵巣の周辺に
癒着があり腹部の環境があまり良い状態では
ないのが受精や着床を妨げているのではない
かと言われていますが、定かではありません。

『まとめ』


一般の鎮痛薬では痛みは治まらず癒着が進み、
病巣が出来たりしますと痛みだけではなく
体調もかなり壊します。

排尿時にまで痛みが起こり頻繁にトイレに
行きたくなったり血尿が出る場合もあります。

月経痛が酷いと感じた時点で、
無理せず一度婦人科での受診をお勧めします。