悲しい事ですが、子宮外妊娠の場合は
摘出手術が必要になります。

胎児はドンドン成長しますので
破裂を起こしてしまいます。


スポンサードリンク




手術費用は内容によって異なりますが、
平均して13万~20万と言われています。

開腹手術と腹腔鏡手術とがあり費用だけで
考えますと腹腔鏡手術の方が高いのですが、
入院期間が短いので入院費に関しては
腹腔鏡手術の方が安いのです。

総額で考えますと差はそれほどなく、
同じくらいになります。

それに子宮外妊娠の手術は健康保険適用に
なりますので、3割負担で済みます。

高額療養費制度も適用になりますので、
事前に保険組合に問い合わせを行い
申請書類を提出して手続きをしておけば、

基準条件内の方であれば平均約\87,430円
(改正されると変動します)に食事代や部屋代
の差額をプラスした金額以上払わず入院できます。

支払った後での申請も勿論できますので、
保険組合に問い合わせてください。

個人で加入している保険からも給付金が
でる場合もありますので、調べてみてください。

子宮外妊娠の治療法としては


・待機療法
・薬物療法
・手術療法


などがあります。

着床場所や進行状況の状態によって
治療方法は変わりますが、育っている
場合は破裂の危険を避ける為に手術を行います。

「待機療法」とは、破裂の心配のない大きさで
血中HCGの値が上がってない場合などに、自然
と流産する可能性が高いので様子を見る方法です。

8割以上の方が自然治癒した
というデーターもあるそうです。


スポンサードリンク




「薬物療法」とは、薬の力を借りて
受精卵を流産させます。

血中HCGの値が高くないとか体調の状態にも
よりますが卵管を傷つけないで治療出来るのが
メリットです。

ただ、使用する薬品が抗がん剤の場合が
多いので不安を持つ方もおられます。

「手術療法」とは、「卵管摘出」になる場合が
あります。HCG値が1000mIU/mlより
上がった場合は胎児が成長しています
ので早急に手術になります。

卵管破裂を起こすと命の危険を伴いますので
状態によっては卵管を残しますが、残した事に
より癒着を起こす場合もあり、切除する事が多いです。


手術自体は腹腔鏡手術が今は一般的で体への
負担も減ったそうですが、着床場所が分からない
場合は開腹手術に変更になる場合もあったり
最初から開腹手術で行う事もあるそうです。

女性にとって本当に辛い手術だと思います。

術後の体への影響も多少出てくると思います。

まずは妊娠についてですが、妊娠は卵管卵巣は
2つありますので、片方があれば妊娠は可能です。

片方の卵管を摘出した時の妊娠の確率は
20~30%ほど下がるそうですが、
卵管切除後も沢山の女性の方が
自然妊娠により出産しています。

ですが、両卵管を切除した場合は自然妊娠の
確率はなくなってしまいます。

ですが妊娠出来ない訳ではなく、人工授精で
出産に成功している方も沢山います。

簡単な事ではありませんが、妊娠は可能です。

後遺症というか卵管切除をした時に卵巣を
残したかどうかで体調が大きく変わってきます。

卵巣の役割で大切なホルモンバランスの調整が
卵巣が残るかで大きく変わってきます。

倦怠感や自律神経などに気をつけてください。

術後の痛みですが、麻酔の注射は痛いかも
しれませんが、手術中は全身麻酔なので
痛みはありません。

麻酔が切れて意識の回復と共に患部の痛みは
出ますが痛み止めなどを処方してもらえます。

手術日の晩と翌日はかなりの痛さが
あったと訴える人も多いのは確かです。

その上をいく卵管破裂の痛みとは想像を
絶する痛みなのでしょう。

激痛だけでなく出血量も多くショック症状を
起こすそうです。命に関わるだけに怖いです。