妊娠中期になると、おなかや胸が膨らみ始め、
身体に脂肪を蓄えて、妊婦らしくなります。

つわりが治まり、食欲が増加する時期です。

妊娠中はどうしても、赤ちゃんを守ろうと、
皮下脂肪がつきやすくなります。


スポンサードリンク




なので体重管理が必要になります。

■妊娠中期で太ってはいけない理由


・妊娠高血圧症候群
・妊娠糖尿病、巨大児
・分娩遷延、帝王切開


などが増加する。

・難産になる

子宮や、赤ちゃんが通ってくる道に
お肉が付くと、陣痛がきても収縮が
有効的に働かず微弱陣痛になったり、
赤ちゃんが降りてこれなくなります。

・お産後、元にもどらない

 

■BMIの出し方・妊娠中期の体重増加の目安平均


体重kg / 身長m×身長m=BMI

BMIとは肥満度をあらわす数値です。

妊娠前の身長、体重を当てはめます。

BMIと体重増加量の目安

・BMI18.5未満(痩せ) 10~12kg程度
・BMI18.5~25未満(標準) 7~10kg程度
・BMI25以上(太り) 5~7kg程度


理想の体重増加量は、妊娠前の
体重によって異なります。

■便秘は太る原因


妊娠中は黄体ホルモンの分泌が盛んになるので、
腸のはたらきが鈍くなります。

大きくなった子宮が腸を圧迫するので
便秘になりがちです。

便秘を解消には、食物繊維や水分をとり
、適度な運動をしましょう。


スポンサードリンク




海藻類や根野菜であるゴボウ、
オリーブオイルも便秘解消に効果的です。

■体重増加防止に良い食事


妊娠中期に始まった悪い食習慣を引きずって
後期に突入は避けなければなりません。

体重は妊娠中期から妊娠後期に
かけて一気に増えることが多いのです。

妊娠中期は胎盤ホルモンの影響で
体が栄養を蓄積します。

つわりの反動で食べた量の割りに
体重が増えるとの現象も起きてきます。

血圧が高い、妊娠糖尿などないからと、
間食や、夜遅くに沢山食べるなど油断
してはなりません。

◎低カロリーおやつを食べる

・さつまいも
・ヨーグルト
・グレープフルーツ
・ゼリー


◎野菜中心の食生活にする

肉はカロリーが高く、高タンパク、
高脂肪食品です。

腸内にいる悪玉菌の栄養源となります。

なので腸内環境が悪化し、腸の動きが
鈍くなり、便秘が悪化します。

野菜には、食物繊維が豊富で腸を刺激して、
動きを活発にしてくれるので便秘解消にも
役立ちます。

◎よく噛む

噛む回数を増やす事で、満腹感を得る事が
できるので、間食が減ります。

■妊娠中期の寝方


妊娠中期の寝方で簡単なのは、横向きに寝ることです。
右向き、左向きはどちらでも良いです。

理想は、シムスの寝方です。

WS000001
「シムスの体位」は妊婦さんにはとっても
楽な姿勢です。

全身の力が抜けてリラックスでき、
寝つきがよくなります。

体の左側が下になるように横向きにして寝て、
お腹に負担がかからない程度にうつぶせに
近い体勢になります。

左側の手と足は少し後ろに曲げ、右側の
手と足は前に曲げます。

抱き枕を抱いて横になってもリラックスできます。

他にはタオルケットなどをぐるぐると紐で結び、
クッション代わりにして足と腕で抱え込むように
寝ると楽です。