妊娠が分かり出産まで、早いひとで8ヶ月弱。
あっという間に、お腹は大きくなり、出産を迎えます。

大変だったつわりに、大きくなるお腹に気をつかう毎日。
いよいよ出産ですね。


スポンサードリンク




安心し、出産を迎える為に出産準備が大事になってきます。

出産準備も最低限で済ませて、無駄をなくしましょう。
大体、臨月までには用意できるといいですね。

それまでに、必要になってくるものもあります。
順番にあげていきます。

<妊娠2ヶ月~4ヶ月>

・圧迫しない下着 (パンツ、ブラ)
・母子手帳ケース
・妊娠帯

ブラは、産後も授乳に使えるものを選ぶといいでしょう。

母子手帳も毎回の検診で大活躍するので、大事に扱いましょう。
犬の日を迎えると、お腹を守るという意味で、妊娠帯をします。

<妊娠5ヶ月~9ヶ月>

・赤ちゃんの服、肌着など
・ベビー布団
・ベビーシート
・沐浴用品
・大きなものなど


早い人で、5ヶ月頃に性別がわかります。

そして予定日も決まり、季節に合わせて服を揃えましょう。
肌着も多めに、服も多めに用意するといいでしょう。

デザインもいいですが、通気性の良いものを選んでください。
チャイルドシートなど、早めに用意しておくと安心です。

大きな買い物は、お腹の大きくなりすぎないうちにしましょう。

<妊娠10ヶ月>

・産褥パンツ
・大きめのナプキン
・パジャマ
・退院時の服


出産をする病院で、持ち物について
問い合わせをしておくといいでしょう。

出産グッズにはいっているものなどは、
買って用意する必要もないので、事前にきいておきましょう。


スポンサードリンク




母乳パッドなども何枚かもっておくといいと思います。
入院中、母乳がしみてくることもあるかもしれません。

ベビーベットも、早めに組立ておき、
布団も天気の良い日に天日干ししておきましょう。

チャイルドシートは退院する時から使用するので、
早いうちに取り付けておきましょう。

これだけの準備をすれば、大体大丈夫です。

あとは、入院中の家のことなど、
細かくメモしておくといいでしょう。

家を留守にする事で、気がかりになる事は
あるかもしれませんが、1週間もすれば家に帰れます。

良いコンディションで、出産できるように、ゆったり過ごしましょう。

そして、遠出などは避けましょう。

長時間車に同じ体勢で車に乗ることも
あまりよくないので、やめましょう。

陣痛から、出産までの流れを勉強しておくと、
ある程度、気持ちに余裕ができると思います。

初めての妊娠、そして初めての出産には、
わからないことがたくさんあると思いますので、
予習するといいですね。

しかし、書いてあるように自分の出産も進むことありません。
ですので、あくまでも参考程度に考えましょう。

出産準備と行っても、産後はとても体力も消費し、
産後1ヶ月は無理に動くことは禁物です。

ですので、家事もほどほど。最低限でいいと思います。
少し先を見越して用意しておくことも良いと思います。

しばらく買い物に行かなくていいように、
おむつなど消耗品はたくさん購入して
おいてもいいかもしれませんね。