つわりは、早い人で妊娠4週目から始まります。
平均は、5~6週目です。

ピークは8週目辺りです。
12週目辺りで、落ち着いてきます。


スポンサードリンク




一人目と二人目の、つわり症状が早いか遅いか、
また、軽いか重いかですが、これは個人差が
あり、確定的な根拠はない様です。

体内の受精卵は、約10日ほどかかって
子宮内膜に着床するそうです。

そして、無事に着床することができると、
この受精卵がゆっくり成長し始めます。

人によっては、性行為後の3日後から、いつもと
違う感じがしてきます。

また、全くつわりがない人も10~50パーセントいます。

妊娠検査薬で陽性が出て、産婦人科で正常な
妊娠が確認されたとしても、つわり症状が全く
出ない人がいるのも事実です。

その為、妊娠の兆候にはなるが、妊娠の決定には
ならないと言われています。

■つわりは着床時期から?

受精卵の着床=妊娠です。
早い方は着床後、間もなく初期症状が出ます。

つわりの初期症状は、風邪や生理前と
よく似ています。

無事に着床すると、母体から栄養を吸収して
徐々に成長し始めます。

この時期は、ホルモンのバランスや基礎体温に
変化が見られます。

一般的に風邪に良く似た症状が出ますが、
妊娠だと自分で確信が持てるわけではありません。

つわりは、着床後始まります。
排卵から5日〜10日以降に、
匂いが敏感になり気分が悪くなるようです。


スポンサードリンク



■妊娠すると、つわり症状は、なぜ起こるか?

・ホルモンバランスの崩れ

妊娠した事が分かると、自分の本能と体が
ホルモンバランスを崩して、つわり症状を
引き起こすのかもしれません。

妊娠すると子宮から分泌されるhCGホルモンが
急激に増加する実態が明らかになっています。

このhCGホルモンの急増が、つわりを引き起こして
いるのではないかとの仮説があります。

女性ホルモンの一つである黄体ホルモンの
分泌も急増する為、つわりが起こるという
考え方もあります。

なので、健康と精神的なバランスの
バロメーターだと言えるでしょう。

・精神的ストレス

妊娠と言う新たな生命の誕生に対する喜びの
反面に、無事に生まれるか?生まれてから旦那
と上手く育てて行けるかなどの不安があります。

こうしたプレッシャーは心理状態を不安定
にさせてしまいますね。

妊娠すると、仕事も辞めなければなりませんし、
自由行動もできなくなります。そうした環境の
変化などがあるとストレスを引き起こす可能性
があり得るのです。

・拒否反応

妊婦の体にいる赤ちゃんを異物と認識して
アレルギー反応が起きている。

・防衛反応

妊娠すると身体の内側の熱がとても盛んになります。

その熱が上昇して心包の熱になると、食べ物の匂い
だけで気分が悪くなって嘔吐に繋がります。

妊娠3ヶ月の頃は心包の気で胎児を養っています。

心包の気血が盛んになる時期は、余計に熱が
たまると身体が危険と判断し、嘔吐する事で
熱を吐き出して母体を守ろうとする働きがあるのです。

■つわりの症状

妊婦さんの体質や精神的に乗り越えられるタイプの方など、
個人によってもつわりを感じる辛さの度合は異なります。

・胃の不快感
・吐き気
・眠気
・頭が重い
・体がだるい
・唾液が多い


・水も飲めない
・3日くらい何も食べられない
・体重が痩せる


※重症化すると入院も必要

・脱水、栄養障害、代謝障害など1~2%