不妊症とは、女性だけのものではありません。
不妊の原因は男女で50:50となっています。

男性は、精子の遺伝子にダメージを与えるような
生活習慣を続けると、精子数が減ったり、動きが
悪くなったり、奇形になったりする可能性があります。


スポンサードリンク




そこで、注目したいのが食べ物です。
男性ホルモンの合成を促進する食べ物は
存在するので、栄養素の豊富な食材を食べて
男性機能をアップさせましょう。

亜鉛が足りない状態ですと、子供は
低身長や低体重といった、発育不全の
リスクが出てきてしまうので、摂取を心掛けましょう。

■亜鉛が不足するとどうなる?

身体の中の亜鉛が足りないと、免疫力が
弱くなるので、風邪を引きやすくなったり、
皮膚炎を起こしやすくなります。

また、薄毛が進行してしまう事まであります。

それだけでなく、妊活する男性にとっても、
精子の形成が減少して妊娠力が弱くなって
しまうと言った事まであるのです。

亜鉛不足は、前立腺の働きが衰え、精子を
作っている精巣の中にある精細管が萎縮して
精子が作られなくなると言った状況に陥ります。

これは、男性の精子だけでなく女性でも
月経不順や無月経を引き起こす引き金に
なってくるので、侮れません。

男性の性欲の活性化には、間違いなく
亜鉛は必要なものです。

男性の精子が作られるには2~3日かかります。
普段の食生活から亜鉛の摂取を心がけていれば
元気の良い精子を沢山に作れます。

■いつもの食事で精子の数を増やせる食材

・亜鉛

亜鉛は、精子の量を増やす働きがあります。
精子が少なくなると、精力減退に繋がり、
不妊症の原因にもなるので、増やす事は
極めて重要です。

亜鉛は男女ともに、元気な身体、生殖機能を
高める重要な成分です。

亜鉛を普段の食事に取り入れる事で、精子を
作るパワーが上がります。


スポンサードリンク




また、新陳代謝を活発化させ免疫細胞の
はたらきを活性化させる作用もあります。

活性酸素を除去する酵素のはたらきを助けるため、
生活習慣病などから体を守ってくれるのです。

喉の痛み・鼻水・鼻づまりなど風邪の症状の
改善は大いに期待できるものでしょう。

亜鉛を積極的に摂取する事で体調不良に
陥る心配がなくなります。

●亜鉛を含む食べ物は?

亜鉛は特に肉類、魚類、穀物に多く含まれる。
基本的には、日本食をメインとしていれば
不足する事はないでしょう。

・山芋、里芋
・牡蠣(カキ)、うなぎ
・牛肉(もも肉)、チーズ
・レバー(豚・鶏)

・卵黄、大豆、納豆、
・きな粉、豆腐、そば
・ゴマ、緑茶、抹茶


・カシューナッツ、アーモンド
・黒米、赤米

成人男性であれば一日に10-20mgの亜鉛が
必要です。

毎日の食事内に亜鉛が多く含まれる食材を
多用すると良いでしょう。

■亜鉛の働き

亜鉛を必須成分とする酵素は200種類以上

・発育を促し、傷の回復を早める
味覚を正常に保つ


・感染症を予防
亜鉛が不足すると、免疫反応が低下し、風邪をひきやすくなる

・生殖機能を維持