妊娠してから、出産まで生理がない事って、
女性からすると、少し嬉しかったりします。

毎月決まって、生理が来ると、イライラしたり、
ニキビができたり、お風呂に浸かれなかったり・・・。


スポンサードリンク




寒い時期ならなおさら、湯船に浸かれなくて
寒い思いをした経験誰にでもあると思います。

生理で、頭痛があったり、
お腹が痛かったり、腰が痛かったり・・・。

女性に生まれた事も嫌だなー男は楽で
いいよなーって思った事あると思います。

妊娠し、出産をしてから、しばらく生理が
ないのですが、なぜが生理がないと
不安になってしまいます。

生理がなくて楽なのですが、次の妊娠を
考える人にとったら、いつ生理くるの?

と悩む人もたくさんいるようです。

いろいろなデータから計算しても、
出産後生理がくる頃は、
平均して半年だそうです。

しかし、それは、個人差があり、また、
母乳育児、ミルク育児の人とでは、
全然違うそうです。

赤ちゃんが生まれてから、ずっとミルク育児の
お母さんの場合、早い人で、
産後1ヶ月で生理再開する人もいるようです。

年子希望なら、子作り再開できます。

しかし、年子希望しない場合は、
しっかりと避妊が必要になります。

それに、産後は無排卵の月経もあります。

排卵日を確実に知りたい場合は、毎日コツコツ
基礎体温をつけることをおすすめします。

産前、毎月決まって生理が来ていたのに、
産後は不安定になりやすく、生理のある月、
生理のない月となる場合もあります。

中には、平均28日周期の生理が、間隔が
短かったり、長かったりするそうです。

また、なれない育児で体が疲れていることも
関係しているようです。


スポンサードリンク




産婦人科では、産後だいたい1年経過
するまでに、生理が来るとお話されるようです。

1年経って、生理が来ない場合は、
産婦人科に行ってみましょう。

母乳をあげている人は、生理が来ない
ホルモン分泌中ですので、
心配することありません。

上の子と間隔を空けずに出産したい場合は、
母乳育児を辞め、生理再開を待ちましょう。

母乳育児をやめれば、
直ぐに生理再開すると思います。

反対に、母乳育児している間は、
妊娠しにくいというわけではありません。

生理の来ないようにするホルモンが分泌
されていますが、
産後半年で生理が再開する人もいます。

そして、母乳育児中に、
妊娠する場合もあります。

妊娠すると、今まで、赤ちゃんに乳を
あげる事は嫌ではなかったのに、
なぜか、嫌になってきます。

これも、ホルモンの関係で、母乳をあげていると、
子宮を収縮するホルモンが
分泌されるようになるのです。

そのため、胸を触られるの嫌だったり、
母乳をしたくなくなったりします。

しかし、お母さんの体は変化しても、
今まで通り赤ちゃんはお母さんの
乳が大好きです。

妊娠がわかると、産婦人科でも、
子宮収縮するので断乳を勧められます。

(病院にもよりますが)

直ぐにできるものではなく、赤ちゃんの
心の準備など、お母さんの心の準備もあります。

急いで断乳する必要はありません。

ゆっくりでいいのですが、ダラダラしていると、
余計に乳から離れなくなりますので
注意が必要です。

心を鬼にして、乳以外の癒しを赤ちゃんに
与えられるようにすれば、
簡単に乳を忘れてくれるようになります。