生まれてすぐは、
自分で手を動かすこともできません。

ミルクを飲んで、小便、大便をして、
寝ているだけが多いですね。


スポンサードリンク




お母さんは、起きている赤ちゃんを見る
時間より、寝顔を見ている方が多いですよね。

かわいい赤ちゃんを見ていると、
直ぐに時間が経ってしまいます。

2ヶ月後半にもなれば、赤ちゃんは
目もしっかり見えるようになってきます。

足や手も動かせる様になり、おふとんを
蹴って脱いでしまう、元気な赤ちゃんもいます。

お母さんの声を聞いて癒され、お母さんの声、
お母さんの匂いを感じでいる赤ちゃん。

2,3ヶ月になると、寝てばかりだった赤ちゃんは、
起きている時間も増えてきます。

声を出すようになってり、
なんかの拍子に笑ったり。

日に日にかわいさが増してきますね。

起きている間、天井を見つめていますよね。

ベッドのところにメリーなどがあると、
じっと見ていたりします。

4ヶ月にもなると、何かを握ろうという動きが
できるようになります。

柔らかい、にぎにぎできるおもちゃを持たせて
あげるとしっかりぎゅって握って可愛いですよね。

実は、メリーやにぎにぎ、簡単に作れてしまうのです。
誤飲に注意し、材料選びから始めましょう。

使わなくなったタオル、ハンカチで、
にぎにぎがつくれます。

裁縫が苦手な方もいると思いますが、
この機会に、かわいい赤ちゃんの為に
手作りしてみてはいかがでしょうか?


スポンサードリンク




きっと、愛情たっぷりのおもちゃで
赤ちゃんは喜んでくれますよ。

口に入れたり、舐めてみたりするので、
洗濯のできる素材がいいですね。

見た目にこだわらず、飾りなどは、
誤飲があるといけないので、
シンプルでいいと思います。

ドーナツ型にしてみたり、棒状にしてみたり。

ネットで、手作りおもちゃ検索してみると、
たくさん出てきます。

簡単にできるものもありますので、
一度作って見てください。

出産前に、赤ちゃんを
思って作る人も多いようです。

いざ、生まれて体と、時間がないし、
お世話で大変だと思うので・・・・。

これから、生まれてくるかわいい我子を
思って作るなんて、素敵ですよね。

もう少し大きくなってくると、いろいろな
おもちゃを見て触ってできるようになってきます。

ベビーショップに行けば、かわいいおもちゃ
たくさん売っていますが、小さいうちの
おもちゃってすぐ使わなくなります。

買わなくても、おうちにあるもので、
簡単にお気に入りのおもちゃを
作ることが出来るのです。

例えば・・・。6ヶ月頃~だと、
ペットボトルでおもちゃできます。

ペットボトルに、大きめのビーズや
お豆など、音の出そうなものを入れるだけ。

しっかり蓋をして、蓋の部分には、
テープをしておくといいですね。

誤飲の危険があるので、
十分に注意してください。

歯が生えてくると、
そのテープもかじってしまう危険性もあります。

赤ちゃんの成長に合わせて対策をとってください。
口に入れても安全なもので作ってください。