赤ちゃんが生まれてから、
赤ちゃん中心の毎日。

また初めての育児で、わからないことばかりで、
毎日手探り状態。


スポンサードリンク




赤ちゃん雑誌を読んで勉強してみたり・・・。
先輩お母さんに教えてもらったり・・・。


赤ちゃんをお風呂に入れるのも一苦労です。
家族の協力を得られる人なら、いいのですが。

日本中でも、すべて自分一人で頑張っている
お母さんてたくさんいると思います。

いろいろな方法で、自分のやりやすい方法を
さがして研究する毎日で、
お母さんも毎日成長しています。

1日の中で、一番大変なのが、
お風呂ではないでしょうか?

寒い時期などは、もう大変です・・・。

ゆっくり浸かりたいけれど、赤ちゃんは
長湯できないし、のぼせてしまう・・・。


それに、自分も洗って赤ちゃんも洗って、
服を着せないといけない。


赤ちゃんが生まれてから、
お風呂ってゆっくり入れませんよね。

私も、主人の帰りが遅い為、
平日は一人で二人入れています。
もう、大変で大変で。

もう少し大きくなったら、少し楽になるだろうと
言い聞かせて頑張る毎日です。

お風呂に入れるのが大変な時期って、
2ヶ月~8ヶ月頃まででしょうか。


スポンサードリンク




しっかりお座りできるようになれば、
お風呂のすべらないマットの上に
座れせて上げうこともできます。

それまでは、抱っこで洗って大変です。

数年前から人気のお風呂用の
赤ちゃんの浮き輪が大活躍します。

プールの浮き輪などに比べると、
値段は少し高いですが、
しばらくの間毎日使う物ですから、安いかと。

ネット通販はもちろん、
街のベビーショップなどにもおいてあります。

うさぎのマークの西松屋にも、
もちろん置いてあります。

使い方は簡単。

赤ちゃんのクビに浮き輪をつけます。
ベルトでしっかり固定します。

これだけです。

赤ちゃんもさっと洗って、浮き輪を付け
赤ちゃんはお風呂の中でぷかぷかして
もらって、その間に、
ささっとお母さんは頭を洗って体を洗って・・・。

もう、時間との戦いになりますが、一人で
入れる大変さを浮き輪が助けてくれます。

使用できる月齢は、
生後1ヶ月から12ヶ月まで使えます。

赤ちゃんも落ち着くのか、
おとなしくぷかぷか浮かんでくれていますよ。

また他にもメリットがあり、浮き輪を使って
お風呂に入る事で、水への恐怖心がありません。

顔が水につくことはないので、
お風呂大好きな子になります。

そして、お風呂の中で足を動かすので、
いい運動にもなります。

足を動かす練習となり、脳が刺激されます。

足を動かしてしているうちに、
少し疲れてきます。

ですので、お風呂上がり疲れて
すぐ寝てくれたりするのです。

すぐ寝てくれればお母さんも助かりますね。

取り扱いには、
十分に注意し、安全に使いましょう。

このお風呂の浮き輪がありました。

正規品だから、大丈夫。

ではなく、正規品でも正しく使用すること。

間違った使い方をすると、
正規品でも起きてしまいます。

使用する前に説明書をしっかり読んでください。