慣れない育児、24時間体制の育児。

お母さんのストレスを発散するためにも、
旅行に行くのもいいですね。


スポンサードリンク




しかし、小さな赤ちゃんを連れての
お出かけって、近場でも大変だったりします。

普段の買い物も、すぐ近所のスーパーでも
時間が掛かって、また、泣き出してしまわないか
心配で、ゆっくり買い物することもできませんよね。

近場の旅行から始めるのがおすすめです。

1日の外出は、赤ちゃんにとって大変負担と
なりますので、注意が必要です。

普段の赤ちゃんの生活リズムを乱さない程度の、
旅行プランがおすすめですね。

赤ちゃんが旅行に行ける月齢としては、
最低でも、クビがきちんと据わってからの
4ヶ月頃からですね。

といっても、この頃、まだ、3時間おきに
ミルクや授乳ですから、外出先でのミルクや
授乳ができるところがいいですね。


首が据わって、腰が座ってお座りできるように
なってくる頃だと、離乳食も食べ初めていたり、

ミルク、
授乳の回数も減ってきている頃だと思います。

急いで、旅行にいってばたばたして、旅行した
気分になれないとつまらないので、ゆっくり
赤ちゃんの様子を見てからにするといいですね。

また、お泊りで旅行に行く場合。

旅行といえば、温泉。

赤ちゃんを連れてだと
ゆっくり入る事もできません。


スポンサードリンク




また温泉の温度も場所により熱めだったり
するので、注意が必要です。

皮膚が薄く、肌が弱い赤ちゃんにあった
お風呂を選ぶといいですね。


また、大きなお風呂だと、他のお客様もいるので、
マナーには十分に注意してください。

くれぐれも怪我のないように。

ご迷惑をかけないように。

赤ちゃんが小さいうちは、家族風呂やお部屋に
お風呂がついている宿がいいですよね。

家族で、ゆっくり周りの人を
気にせずはいれますから。

温泉の成分によっては、
赤ちゃんに刺激の強すぎるものもあります。

宿の予約をする前に、
自前に確認しておくといいでしょう。

最近は、赤ちゃん歓迎の宿も増えてきました。
赤ちゃんとくるお客様には大変助かる宿です。

くれぐれも、赤ちゃんの生活リズムが乱れない、
赤ちゃん中心のプランを考えましょう。

1日の疲れで、中には夜泣きしてしまう
赤ちゃんもいるかもしれません。

なれない場所で寝る事は
簡単なことではありません。

それも覚悟の上で旅行してください。

赤ちゃんが落ち着ける場所に
旅行したいですね。

お出かけの際は、赤ちゃんの
母子手帳と健康保険証を忘れずに!!

赤ちゃんを連れての旅行で、お母さんの
ストレスを発散することができ、また、
赤ちゃんとの思い出をたくさん作ってください。

小さな赤ちゃんを連れてのお出かけは、
赤ちゃんの荷物だけでも多いので、大変ですが、

普段と違った空気、温泉、美味しいご飯で忙しい
日々から開放されるだけでも、幸せですね。

長時間の車での移動は赤ちゃんにとっても
大変負担になりますので、ゆっくり、
休憩しながら行くといいと思います。

赤ちゃんも普段と違う空気を感じることで、
たくさんの刺激を受け良いと思います!