発達障害の原因はいまだに明確な解明は
されていませんが、説の1つとして、

生まれた時から自閉症であるのは
先天的要因によるものだとも言われています。


スポンサードリンク




その根拠は男女の発症率にあり、
広汎性発達障害、多動性注意疾患の

2つの発達障害に関しては男児の発症率が
高く男児4:女児1の割合になります。


一卵性双生児の例だと1人が広汎性発達障害
の場合、もう1人も90%程度の割合で

広汎性発達障害を持っている事も多いそうで、
その事から遺伝的要因も関係するのでは、
と言われています。

異なった文化をもつ国でも同じような確立で
発症している事が研究で分かり環境要因より
遺伝的要因の方が高いのではと確信を
もっている方も多いそうです。

反対に遺伝的要因で解決するのは
違うと環境要因をあげている方々もいます。

要因としては環境汚染物質の問題で具体的な
例ではダイオキシン・鉛・ポリ塩化ビフェニル(PCB)
・水銀
などがあげられています。

その根拠としましては、一部の医療機関での研究で
有害な貴金属を排出させ脳神経に必要なミネラル
・ビタミン
を補給することで広汎性発達障害が
治癒するという治療法も提案されているそうです。


スポンサードリンク




ただ、この方法も明確な根拠がある訳でもなく
一部での研究ですので、定かではありません。

話を戻しますが、家族・身内に自閉症の方が
居た場合、一卵性双生児で80~90%、
二卵性双生児で1人が自閉傾向だともう1人は
2~10%、兄弟の発症率は2~10%だそうです。


一般では0.2%だそうです。兄や姉が発達障害の
場合、弟や妹にも出る可能性は上の子に
発達障害がない場合の2倍だそうです。

遺伝要因を持っていても全員が
発症するわけではないとも言われています。

あくまで例ですが、両親のどちらかの遺伝子に
発達障害の遺伝子がある場合、子どもに

発達障害が見られる場合があり父親が
持っている場合が多いらしく、その父親が
高齢な年齢で受胎すると確立があがるそうです。


でも、他の兄弟などにでない場合も多く
遺伝素因があっても発症しない子もいます。

両親とも発達障害はないのに子どもにだけ出る
ケースでは、両親も同じように遺伝素因は
持っているが発症しなかっただけとも言われています。

色々な関係性を見てみても発達障害に
遺伝的要因は大きく関わっているようです。

昔は身内での結婚も多く遺伝的に血が
濃くなったりしていて、その名残りも
あるのかもしれませんね。

やはり血が濃いと色々な精神障害の方が
でてる家族の方もいますし、身内婚では
可能性はあがるかもしれませんね。

「まとめ」

両親に遺伝的要因があるというなら勿論
その上の祖父母にも遺伝的要因があるのは
同じだと思われます。

でも全員が発症するわけでもないですし、
確定な訳でもないです。健常な夫婦からでも

生まれる可能性はある訳ですし、それを
理由に結婚や出産を諦めてしまうのが
正しいのかは分かりません。

我が家の双子(一卵性)姉はグレーゾーン、
弟は自閉症スペクトラムですが弟も
成長はしてます。

ユックリですが出来る事も増えていき
会話も少しずつ出来てきてます。

可愛い我が子に変わりはないです。