子どもの自閉症児施設というものがあります。

軽度・重度自閉症で自宅での生活が
困難であったりする場合、児童相談所、
市町村保健センター、医師などによる
療育の必要性が認められれば利用できます。


スポンサードリンク




手帳の有無は問わないそうです。

簡単に入所できるものではなく空き待ちは
当たり前で重度の方からの優先になると
聞いています。

障害児入所支援と言われてもいます。

少しどんな感じなのか説明できる
範囲で記載してみました。

自閉症児施設には第1種と第2種と
施設があります。

児童の年齢は18歳以下で基本的には
例外を除き18歳以上になりますと、
障害児入所施設に移行します。

入所支援を受けなければ無理と認められた
場合は満20歳になるまで利用できます。

【第1種自閉症児施設(医療型)】

・主とする症状が自閉症の児童で病院に
入院し保護したうえで、
独立自活に必要な知識や技能を教える


・入所対象は、自閉症で
医療を含めた療育が必要な児童


・療育内容は、入所し精神科医師の診療
(心理指導・生活指導)

・費用は費用徴収基準額の負担
(所得に応じて負担上限額などがあります)

【第2種自閉症児施設(福祉型)】

・入院の必要のない児童を施設に入所させ
保護し独立自活に必要な知識や技能を教える


・入所対象は、第1種以外の自閉症で
施設入所が必要な児童


・療育内容は、生活指導

・費用は費用徴収基準額の負担
(所得に応じて負担上限額などがあります)

※費用に関しましては第1種に関しては無料で
利用できるなどの話も聞いたりしますが、
多分減免などの事だと思います。



スポンサードリンク




基本的にどちらも利用料と食事代などの
実費分はいると書かれています。

そこからの減免だったり負担上限額などの
話になると思います。

【障害者支援施設・自閉症成人対応型】

18歳(もしくは20歳)になったら障害者支援施設
というところに入所することになります。

自閉症成人対応型の所もまだまだ数は少ないです。

主に知的遅れの重い自閉症の
成人期の方たちが利用します。

施設では居住型施設なのを生かし

・日常生活・作業(仕事)
・余暇・健康管理


などを行ってくれますが、手が足りないのも事実です。

地域参加なども積極的に行ってくれたりもします。

施設によっての方針もありますが基本的には
自閉症の方への個々のプログラムや共同での
作業なども行い職業訓練をかねてる場合もあります。

施設入所が出来ない場合などは共同生活援助
(グループホーム)や共同生活介護(ケアホーム)
などもありますのでご利用をお考えの方は
相談機関でまずは相談してみてください。

※利用料は費用徴収金額になると思いますので
通所でも免除などあると思います。

「まとめ」

軽度だとどうしても優先的に重度の方が
先になってしまう事も多いでしょうが、
諦めず根気よく探してみてください。

施設利用を考えるという事はイキナリ
成人期が来たわけでもないでしょうし、
悩んで考えられて結果だと思います。

成人期になり暴れたりされると親の体力も
限界を超え親が倒れてしまう場合もあります。

待ちはあるでしょうが施設の一覧表を載せておきます。

良かったら参考にしてみてください。