自閉症は遺伝するのかという悩みを
もっておられる方も多いと思います。

家族に自閉症の方が
居たりすると良く聞く悩みです。


スポンサードリンク




自閉症は脳の障害ですので100%
遺伝するという確率はないみたいです。


ですが、確かに身内に自閉症の方が
居ると少し確立は上がるみたいです。

遺伝とはDNAで決まりますので
若干確立は上がるみたいです。

兄や姉に自閉症があるからと言って
次のお子さんに自閉症がでるかどうかは
正直分かりません。

ですが、1人目の子が自閉症の場合、
2人目の子が自閉症になる確率は2倍だそうです。

兄弟の発症率は2%~10%で、身内に
自閉症が居ない場合ですと0.2%だそうです。

一卵性双生児の場合ですと片方が自閉症だったら、
もう1人の発症率は80%~90%だそうです。

二卵性双生児の場合ですと片方が自閉症でも、
もう片方は自閉症でない事が多く2人ともが
自閉症の確率は10%だそうです。

こういった結果から自閉症の発症は
幼児期の生育環境ではなく遺伝的な
影響が大きいと言われています。

そういった事から兄弟姉妹には
遺伝しやすいと言えるかもしれません。

後、確かな事ではないらしいのですが、
親や兄弟にアルコール依存症、情緒障害、
不安障害
などをもっていると自閉症の子が
生まれる傾向があると報告されています。

母親側の家系内に0.4%の自閉症の特性を
もった親族が存在していたり、発語が遅かった子が
いたりすると報告もあるそうです。

最近までは女性の高齢出産が問題しされてましたが、
新しい研究で男性の受胎期に年齢が高齢であれば
あるほど自閉症の子どもが生まれるリスクが高くなる事が
発表されました。


スポンサードリンク




精子の変異の増加による事が原因だそうです。

女性の場合ですと高齢出産の場合、子宮内の環境を
変えるホルモンが原因になるのではと言われています。


いとこ結婚などでも発症するリスクがあると言われています。

アメリカでの研究結果なのですが、子どもの
遺伝的危険度を調査したところ、一般的な
結婚で妊娠した場合でも3%ある事がわかたったそうです。

イギリスで出生した新生児を対象に調査したところ、
出生時欠損の絶対的リスクについて、血縁関係の
ある両親または高齢出産でも出生時欠損がある
新生児はごく少数であると発表している。

・両親に血縁関係がない場合のリスクは3%
・両親がいとこ同士の場合はのリスクは6%
・母親が35歳以上の場合のリスクは4%
・母親が35歳未満の場合のリスクは2%


だそうです。

大きな差はないみたいですが、
全くリスクがないかは微妙です。

いとこ婚が37%である国での出生時欠損発症率は
31%あります。


この様に国でいとこ婚が普通なのであれば、
いとこ婚同士で繋がっていった場合確率が
上がるかもしれません。

良いか悪いかは分からないですが、
あまり血は濃くない方がいいのかもしれませんね。

「まとめ」

身内に自閉症が居ると確立はあがりますが、
皆が自閉症で生まれてくる訳ではありません。

身内に自閉症が居るからと結婚や出産を
諦めるのは止めて下さい。


親が自閉症でも子どもには全く遺伝しない
場合もたくさんあります。

妊娠・出産を諦める前に100%の確率で
遺伝するものではない事だけは覚えていてください。