現代では、超音波という機械が導入されたため、
産まれる前に性別を知る事が可能となっています。

産まれる赤ちゃんが「男の子かな?」「女の子かな」
と気になって、性別を聞いてしまう方も多いし、

「生まれるまでの楽しみにしたい」
考えている方もいるでしょう。


スポンサードリンク




そのため、性別が分かる頃になると性別を
知りたくなってしまう人もいるでしょう。

でも、やっぱり生まれるまで知るのを我慢・・・、と思っても
でも、結局は知りたくなってしまうものですよね。

●エコーで分かるのはどのくらいの時期なのでしょう?

赤ちゃんの性別は受精した時にすでに決定します。

そして、それがエコーで確認できるのはいつでしょう。

だいたい早くて妊娠16週くらいから
性別が分かるようです。

しかし、病院によっては敢えて教えない方針を
とっているところも中にはあるようです。

ですので、出生前に性別を知りたいと
考えている人は、病院を選ぶ際も、
そういった点にも確認しておきたいところです。

医師は、胎児の性器を見て確認します。

しかし、胎児の向きや姿勢で性器がなかなか
確認できないこともあります。

胎児の股のところが広がって見えにくいこともありますし、
足が重なっていても正しく見えませんので、
確実に分かるということでもないようです。

その赤ちゃんの胎内の状態によって、
性器の確認が難しいので、医師が教えてくれた
性別と違う性別の子供が生まれてきたという話も
実際にはあるのです。

とくに「女の子と聞いていたのに男の子だった」というのは、
男の子の性器が足の間に隠れていて見えにくくて、
女の子のように見えることもあるのでしょう。

ですから、100%確実に性別が分かるという
断定的なことではないようです。


スポンサードリンク



●生まれる前に性別を確認するメリットとは?

生まれるまで楽しみにとっておくという
考え方もあるでしょうが、

多くの人達は「やっぱり気になるから知りたい」と考えるでしょう。

性別を確認するメリットとしては、
どういったことがあげられるでしょうか。

まず、出産の準備に向けて、性別を知って
おいた方が楽というメリットもあります。

赤ちゃんグッズを用意する時は、ベッドを用意したり、
布団を用意したり様々なものが必要になります。

色もピンク、ブルー、黄色など様々です。

やはり一般的に男の子はブルー、
女の子はピンクの色を揃えるでしょうし、

性別を知っておくことで準備しやすいとう
メリットもあるかもしれませんね。

また、名前を決めるのに役立つなんて考え方もあるようです。

名前を考えるのも、夫婦やそれぞれの親の意見など、
候補に迷うことが多いですから、ある程度性別が
分かっていると楽かもしれませんね。

ただし、やはり赤ちゃんの体勢によっては
性別を100%確定することが難しいという事も
ありますので、参考程度と考えてもいいかもしれません。

●性別に関するジンクスは?

本当に昔から言われているジンクスがあります。
多くの方が聞いたことがあるのではないでしょうか?

・妊娠中に顔つきがきつくなると男の子が生まれる、逆に顔つきが
優しい顔になると女の子が生まれる。

・お母さんのお腹の形が前に突き出た形だと男の子が生まれる。

こういった情報は良く聞く内容ですね。