乳腺症って何?



乳腺症とは、女性が乳房の病気の事を言いますが、
あまり聞きなれない方が多いのではないでしょうか。


では、乳腺症とは一体どのような病気でどのような症状なのでしょうか?


生理前に、乳が張る、痛みがあるなどの、女性ホルモンのバランスが
崩れてしまった時に起こる乳腺のトラブルの総称を「乳腺症」と言います。

しかし、厳密に言えば、乳房の乳腺のトラブルは、病気として扱われません。


スポンサードリンク




そのため、生理が終われば、おっぱいが張る、痛むなどの症状は落ち着きます。
毎日、症状が続くようなものではありません。


原因は?



乳腺症の、原因ははっきりとは判明していませんが、
女性ホルモンのエストロゲンが原因ではないかと言われています。


先ほどにもあるように、生理前の症状は女性ホルモンのエストロゲンの
分泌がある時期ですので、乳が張るなどの症状が出やすくなってしまうようですね。


どんな症状?



先ほどにもあるように、乳房が張ることは、
乳腺が張っているためそのように感じてしまいます。


その他、乳房が痛いというような症状が出てきます。


乳房の外側や脇の方などに、チクチクとした痛みを感じることが多いようです。
そして、押さえたら痛みを感じる圧痛を感じることが、乳腺症の特徴でもあります。


乳房のしこりがある。乳房のしこりを、
認識したら乳がんと間違える方も少なくありません。


乳腺症の場合、境目がはっきりしない大きさが様々な、しこりがいくつかあります。


それは、生理前に認識し始め、生理が始まればしこりが小さくなってきます。
この乳腺症のしこりは、良性の腫瘍なので心配のいらない腫瘍です。


そして、乳頭から分泌物が出てしまう事があるようです。


分泌物は、透明や白っぽいもの黄色であれば、特に心配はいらないようです。


下着に、少し付着する程度や乳頭をつまむと分泌物が出るものなど、出方は様々です。
そして、乳頭両方から出るとは限らず、片方だけの場合もあります。


乳頭の分泌物は、血が混じっている場合は、
乳がんなどの他の病気の疑いがあります。

この場合は、病院に受診をして検査等を行いましょう。

そして、しこり自体がかゆいなと感じることもあるようです。


どんなしこり?



乳腺症のしこりは、大きさは様々で大きいものもありますが小さいものもあります。
出来る場所としては、乳房の上半分や脇の下にできることが多いようです。


境目のないしこりで、柔らかいしこりで、
複数あるというのが、乳腺症のしこりの特徴となります。


生理前から、しこりが出始めて生理が始まりそして終わると、
「しこりが消える」という事はよくある事のようです。

そのため、この時期での検査はおすすめできません。


スポンサードリンク




治療法は?



乳腺症の治療法は、特になく生理が終われば症状も落ち着くので、
経過をみることがほとんどです。


乳腺症のしこりがある場合の痛みは、多くは我慢のできる程度がほとんどですが、
日常生活に支障をきたすほどの痛みがある場合は、痛み止めを服用することとなります。


病院は?



痛みがあったり、しこりがあったらまず、
乳がんかも?と疑ってしまいますよね。

とても不安な気持ちになりかねません。


そのため、しこりがあると思ったり心配な時は、
結果が乳腺症であっても病院にて検査してもらう事をおすすめします。


では、病院はどこに行けばいいのでしょうか。


それは・・・乳腺科や乳腺外科が一番いいですね。


乳房の専門の病院になるので、どの病気になっているか診察していただけます。
この時に、つらい痛みの場合は相談して薬を処方していただきましょう。


婦人科では、専門外ですので診察は受けてもらえません。注意しておきましょう。

参照:妊娠4ヶ月のエコーで性別は?胎動は感じる?

参照:妊娠4ヶ月の出血は少量で茶色?

まとめ



乳腺症は、多くの女性がなったことがあると思います。
良性の疾患で、悪影響はないので心配はいりません。


しかし、初めてこのような症状が出た場合、
乳がんなど深刻な病気の場合は判断が付きにくい場合もあります。

一度、病院にて検査、診察を受けることをおすすめします。