乳腺症って?



乳腺症とは、乳房に痛みやしこりなどの症状が出てきますが、
しこり自体は良性の腫瘍で心配はいりません。


そして、乳腺症とありますが正式な病名ではありません。


30代~50代にかけての女性になりやすく、
閉経前の女性がなりやすい乳房のトラブルです。


スポンサードリンク




原因は、女性ホルモンのエストロゲンではないかと言われていますが、
はっきりとした原因は分かっていません。


そのため、生理前から乳腺症の症状が見られ、
生理が終わる頃に乳腺症の症状が落ち着くことが多いようです。


乳腺症と乳がんは間違えやすく、
しこりを見つけた時には真っ先に乳がんを疑ってしまいますよね。


石灰化って何?



乳腺症の症状として、しこりがありますが、
そのしこりが石灰化してしまう現象があります。


カルシウムが沈着して起きることで、石灰化してしまいます。
しこりが石灰化してしまうと、乳がんとの区別がつかなくなってしまいます。



そして、そのしこりの石灰化が増えてしまうと、
乳腺症ではなくなり乳がんの可能性の方が強くなってしまいます。


この石灰化してしまったものが、良性か悪性かを判断するために
マンモグラフィ検査を行う必要があります。


この検査で、乳がんの可能性のある悪性か、
乳腺症で心配のいらない良性かを判断します。



肩こりがある?



乳腺症の主な症状としては、おっぱいの張りやしこり、
そして乳房やしこりの痛みなどがありますが、
その中でも肩こりが起きることがあるようです。


脇の下から肩にかけて、張ったような感じのようですが、
これが肩こりのようにも感じてしまうようです。


その他、乳頭から分泌物が出る場合もあります。


白や透明などであれば、心配はいりません。


スポンサードリンク




しかし、血が混じっていれば先ほどにもあるように、
乳がんの可能性も出てきます。


この場合、しこりが石灰化していなくても
一度検査しておくと安心できますね。


治療方法は?



治療方法は、特にありません。

こう聞くと、少し驚かれるかもしれませんが、初めにもあるように、
正式な病気と認定されていないため、このような治療法となります。


他の病気かもしれないという、
グレーな部分がなければ特別な治療が必要ないと、判断されます。


乳腺症の症状は、乳房の張りや痛みが出る場合がほとんどです。


その症状の痛みなどを我慢できない、日常生活に支障をきたす場合は
病院にて痛み止めを処方してもらうとよいでしょう。


しこりが出ても、特に何もなければそのまま経過をみて大丈夫です。



しかし、そのしこりに痛みを感じて我慢できないほどであれば、
同様に痛み止めの服用をおすすめします。


この場合は、乳がんなど他の病気の可能性も出てきますので、
病院にて検査をしてもらいましょう。


自分でできる治療法



女性ホルモンが原因だと言われているので、
ホルモンバランスを整えると軽減される可能性が高くなるようです。


その中でも、自分でできることと言えばやはり、
食生活の見直しではないでしょうか。


食生活自体、欧米化が進んでおり、脂肪やコレステロールの
過剰摂取などがホルモンバランスの乱れにつながります。


食生活の中で、気を付けたいものは大豆です。


大豆は、乳腺症にもよいとされる食品です。


大豆に配合されている、イソフラボンは女性ホルモンを
コントロールしてくれるので、乳腺症以外にも、
生理痛で悩んでいる方などにもおすすめです。

女性には必要な栄養分となります。


その他、ビタミンEや鉄分、カルシウムの摂取を心がけましょう。
どの栄養も、普段から不足しがちな栄養分なので意識して摂取するといいですね。

参照:妊娠3か月の流産の兆候と症状!

参照:妊娠3ヶ月の出血!

まとめ



乳腺症かもと思ったら、心配はしなくて大丈夫ですが、
一度、病院にて検査を行う事をおすすめします。


しこりが石灰化した時など、自分で見分けがつきにくい場合もあります。
検査を行えば、安心できますし、乳がんの疑いでも早期発見にもつながります。

放置したりせずに、乳腺科や乳腺外科に受診してみてくださいね。