乳腺症って?



乳腺症とは、乳腺のトラブルですが、
特に治療がいらないほどの心配がいらない病気となります。


30代~50代の女性の多くがなりやすい病気とも言われています。


症状としては、生理前から乳房が張ったり、痛みがあるほか、
しこりが出たりそのしこりが痛むなどの症状があります。


スポンサードリンク




しかし、生理が始まる頃にはその症状は落ち着きます。


原因は、女性ホルモンのエストロゲンではないかと言われていますが、
はっきりとしていないのが現状です。


似ている病気がある?



乳腺症は、心配のいらない良性のものですが、全く逆の悪性の病気の
「乳がん」に似ているので、間違える方も少なくありません。


乳腺症の症状で、しこりが出る場合がありますが、
乳がんの主な症状はしこりの為間違える方がいるようです。


同じ、乳腺からの病気なので症状が似てしまいます。



分泌物がある?




乳腺症の症状は、はじめにご紹介したことが主な症状ですが、
その他に「分泌物」が出る場合があります。



乳頭から、白っぽいものや透明のもの、
黄色っぽいものなどが、分泌されるようです。


それも、両方の乳頭からでなく片方の場合もあります。


そして、下着に少し付着する程度から、
つまむとピュッと出る場合など、症状の出方は様々です。

乳がんの場合も、乳頭から分泌物が出る場合があります。


この場合は、血の混じった分泌物が出る場合が多いようです。


乳がんの場合の、乳頭からの分泌物は、進行している状態と
なりますので、血の混じった分泌物が出た場合は、
すぐに病院に行くようにしてください。

すぐに、検査が必要となります。


しこりにも違いが!




乳がんの心配は、付きませんね。


しこりがあるから・・・という点では、
病院に行かないとはっきりと自己判断は出来ません。


しかし、少しながらに違いがあるんです。


それは、乳腺症のしこりには痛みが生じることがあります。


しかし、乳がんのしこりには痛むことはほとんどないとされています。
その他、乳腺症のしこりには痛みだけでなくかゆみが出る場合もあるようです。


スポンサードリンク




乳がんのしこりには、それらがないので判断の基準にしたいですね。


まれではありますが。乳腺症から乳がんになったという方もいます。

乳腺症と診断後も、しこりや分泌物などのチェックを行いましょう。


対処法



乳腺症の対処法としては、病院に行くと多くは経過で様子をみます。


痛みなどが、我慢できる程度であれば、鎮痛剤なども処方されません。
しかし、痛みが我慢できないほどであれば、鎮痛剤を処方してもらいましょう。


その他、女性ホルモンのエストロゲンを増加させてしまう、
カフェインの摂取量には気を付けましょう。


コーヒーだと1日に、1~2杯なら問題はありませんが、
何十杯も摂取するようなら量を減らした方がいいかもしれません。


そして、ストレスは禁物です。原因がはっきりわかっていないとはいえ、
女性ホルモンが大きく関係しています。


そのため、ストレスが溜まるとホルモンバランスが崩れやすくなってしまいます。


同時に、睡眠不足や食生活の乱れもホルモンバランスが崩れる原因になってしまいます。

規則正しい生活を送ることはとても重要です。
そうすることで、乳腺症だけでなく他の病気の予防につながっていきます。

参照:帝王切開の術後の痛みいつまである?

参照:帝王切開2人目産むのに空ける期間は何年?

まとめ



乳腺症は、女性なら誰しもなる可能性がある病気となります。

乳房に異変を感じたら、しこりの有無や痛みの有無などを確認しましょう。


乳がんとよく似ていて、間違える方も多いので、自己判断は禁物です。

乳房に異変を感じたら、一度は病院に行き検査をしてもらいましょう。
そうすることで、乳腺症なのか乳がんなのか、はっきりできて安心もできます。


そして、食生活の見直しなども同時に行うといいですね。
予防にもつがりますので、今すぐにしたい予防法ですね!