妊娠1ヶ月とは?




妊娠1ヶ月と聞くと、とても小さな赤ちゃんが
お腹の中にいるイメージではありませんか?


勘違いしている人や、経産婦さんでも知らなかった!
という方も少なくありません。


妊娠1ヶ月とは、妊娠0~3週目の頃を言います。


妊娠0週1日は、最終月経の始まりの日を指します。


スポンサードリンク




そして、妊娠3週は受精卵が子宮へとたどり着き着床に至る頃を言います。
同時に、この頃にようやく妊娠が成立したことになります。


妊娠検査薬は使える?



妊娠3週目で、着床して妊娠が成立したなら早速、検査したいですよね!


すぐに検査出来て、結果がすぐわかるのは市販の妊娠検査薬です。


尿を検査薬の先部分にかけると、妊娠の有無がわかります。
今は、ドラッグストアなので気軽に入手することが出来ます。


しかし、妊娠3週目は着床したばかりです。計算上では、
妊娠3週目かもしれませんが、実際は排卵日のズレなので、
まだ着床してない可能性だってあります。


妊娠検査薬には、
生理予定日の1週間後に検査をするように記載があります。


この日にちの方が、正確さが高くなるので
あまり早い段階での妊娠検査薬はおすすめできません。


とはいえ、早く知りたい人は妊娠4週目に検査している人もいるようです。



妊娠1か月目に体に変化は?



妊娠が成立すれば、体の中では少しずつ変化が出てくるようです。


基礎体温を、日ごろからつけている人は、あれ?
といち早く妊娠に気付く人もいるのではないでしょうか?


妊娠すると、微熱が続くので基礎体温を測っていれば、
妊娠かどうかの変化もわかりやすいかもしれませんね。


その他の体の変化は、だるかったり、疲れやすい、
とにかく眠くなる、胸が張る、腰痛になるなどの変化があります。


しかし、これらは風邪の変化とも似ているので、
風邪と勘違いする人も少なくありません。



そして、着床した時には着床痛や着床出血が起こる人もいるようです。


これらは、ごく一部の方がなりますが、起こった場合は生理かな?
とこちらも勘違いしてしまうようで気付かない人がほとんどのようです。



心の変化は?



体の変化だけでなく、心にも変化が出てきます。
つまり、情緒不安定になりやすいという事ですね。


何故だか、イライラして泣きたくなったり、
起こりだしてしまったりなど、
普段ならないのに・・・という感情が出てきやすくなります。


スポンサードリンク




妊娠初期症状では、よく見られる症状のひとつになります。


落ち込んでしまいがちですが、前向きに考えるようにして
この時期の情緒不安定を乗り越えましょう。


この時期に注意したいこと



妊娠がはっきりわからなくても、妊娠の可能性がある場合にはぜひ、
注意してもらいたいことがあります。


まず、お酒とタバコです。


どちらも、胎児には悪影響しかありません。


妊娠をしていなくても、可能性がある場合や希望している場合は、
禁煙、禁酒を心がけましょう。


そして、運動ですね。激しい運動は、
お腹に負担をかけてしまいますので、避けた方がいいでしょう。

軽めの運動なら大丈夫です。


その他、市販薬には、妊娠中には服用してはいけない薬があります。


妊娠が発覚する前では、問題がないとも言われますが、
気になる場合は服用をやめるか、病院にて処方をしてもらいましょう。

参照:妊娠1週目つわり症状は?レントゲンの影響はある?

参照:妊娠2週目の吐き気、腹痛は?気をつけることは何?

まとめ



妊娠1ヶ月は、まだ妊娠をしていない時期が含まれることがわかり、
驚いた方もいるのではないでしょうか。


しかし、妊娠していないとはいえ妊娠に向かい、卵子と精子が
受精して受精卵となり、そして子宮に向かい着床を成功させようと、
体の中では活発に動いています。


そのために、体に変化も訪れてきます。

妊娠検査薬などは、排卵日がずれていると正確な反応は見られません。


一度検査をして、反応がきちんと見れない場合には、
1週間ほど待ってから再検査するといいでしょう。


あまり焦らず、待ってから検査する方がおすすめです。


いつもと、違うなと感じたら、
それは妊娠した証なのかもしれませんね。