妊娠12週目ともなると、お腹を触ると大きくなった子宮がわかり、
赤ちゃんの成長を実感するお母さんも多いことでしょう。
 

そうなると、気になるのは性別です。

では、妊娠12週目で性別はわかるのでしょうか?
 


スポンサードリンク




気になる妊娠12週の赤ちゃんの成長も合わせて、
お話ししたいと思います。


妊娠12週目の赤ちゃんの様子は?

 

妊娠12週目を迎えた赤ちゃんは、身長が60~70mm、
体重は15~20gになり、体型も人間らしくなっています。
 

すでに膀胱や腎臓機能が働き始め、
羊水を飲んで排せつするようになります。
 

内臓もほとんどができあがり、まつげや眉毛、
声帯も見られ、歯茎の中には乳歯と歯周が見られます。

 
手足の骨も、ほとんどが固まってきます。


妊娠12週目で男の子か女の子かがわかる?


 

妊娠12週目になるころには、赤ちゃんの性器の形成が始まっています。

 
そのため、妊婦検診のエコー検査で、
赤ちゃんの性器が見えると、性別がわかる可能性はあります。
 

ただし、向きによって見えないこともありますから、
性別の確定診断ができるのは、妊娠18~19週といわれています。
 

妊娠12週目に男の子か女の子かをお医者さまに告げられても、
変わる可能性があることは念頭に置いておきましょう。


赤ちゃんの性別はどうやって見分けているの?


 
では、お医者さまは赤ちゃんの性別をどうやって見分けているのでしょうか。
 

基本は、エコー検査で目視することです。ですが、
赤ちゃんが背中を向けていた李、足を閉じていて、
股間を確認できないことも多いです。
 

女の子の場合は、エコー検査で子宮が見えることで、
性別判定できることもありますが、妊娠12週目の場合は、
100%とはいえない確率です。


スポンサードリンク



 
エコー検査の画面を見ているときに、股間にピーナッツの
ようなものが見えた場合は、男の子である確率が高いです。
 

女の子の場合は、
太ももと太ももの間に木の葉のような外性器が見えます。
 

素人目には難しいので、
妊婦検診の際にお医者さまに聞いてみましょう。

 
日本には、昔から性別がわかるといわれるジンクスのようなものがあります。
 

例えば、塩辛いものが食べたくなると男の子、
甘いものが欲しくなるのは女の子、お腹の膨らみ方が前に突き出ると男の子、
横に貼っているのは女の子という話を、聞いたことがあるでしょう。
 

顔の表情がきつくなると男の子、優しくなると女の子など、
いろいろな説がありますが、科学的根拠はありません。
 

ですが、目上の方がそう話しているときには、
参考程度の聞いておくとよいでしょう。

参照:妊娠1週目つわり症状は?

参照:妊娠2週目の吐き気、腹痛は?

安定期までもう少し!無理なく過ごそう


 
妊娠12週目になると、つわりが落ち着いてくるお母さんも多く、
これまで思うように食べられなかった反動で、
食欲がアップする人も少なくありません。
 

ですが、食欲に任せて食べ過ぎると、一気に体重が増え、
妊娠高血圧症候群が発症する確率が上がってしまいます。

 
妊娠中期から後期は、お腹の赤ちゃんの体重がどんどん
増えていくので、母体には脂肪をつけないように心がけるのが基本です。

 
栄養バランスのよい、塩分控えめな食事を心がけ、
体重の増加ペースをコントロールしましょう。
 

また、お腹が大きくなり、それまでの洋服では
きつく感じるお母さんが増えてくるので、
マタニティウエアを用意しておくことをおすすめします。
 
 
安定期を過ぎれば、流産する確率がぐっと下がります。

 
体調は安定していても、妊娠12週はまだ無理は禁物な時期です。
 
立ちっぱなしや激しい運動は控え、お腹が張るときにはすぐに休み、
自分の身体に負担をかけないように気を付けてくださいね。