妊娠11週になると、お腹のあたりもふっくらして、
お母さんも赤ちゃんの成長を実感できるはずです。
 

とはいえ、まだ安定期には入っていませんから、
お腹が張ることで不安を感じる人もいることでしょう。
 

そこで今回は、妊娠11週目でのお腹の赤ちゃんの様子や、
お腹が張る時に注意したいことについて、お話したいと思います。


妊娠11週目の赤ちゃんの成長とは?

 

妊娠11週になると、お腹の赤ちゃんの身長は40~50mm、
体重は10~15gになり、頭と胴体、手足の区別がつくようになり、
妊婦健診のエコー検査で見ると、人間らしい体型になっているのが確認できます。


スポンサードリンク



 
この頃には、赤ちゃんの心音が聞こえるようになります。
 
妊娠11週を迎える頃には、お腹の赤ちゃんの臓器がすべて完成し、
脳もほぼ出生時と同じ状態に近づいています。
 

そのため、お腹の赤ちゃんは羊水を飲み、
腎臓で尿をつくって排出するようになります。
 

また、神経機能も成長しているため、指や爪、
皮膚が形成されたことで、温度や振動をお腹の
赤ちゃんが感じるようになります。
 

腸も下腹部の方に移動し、
消化器官の発達に伴って、消化の練習を始めます。
 

手足が伸びて筋肉もついているので、動きが
活発になるため、早いお母さんだと胎動を感じ始めます。
 

お腹の中で歩くように足を動かすこともあり、
これを原始歩行と呼んでいます。


妊娠11週目のお母さんの身体の変化とは?


 
一方のお母さんの身体の変化ですが、
子宮はグレープフルーツほどの大きさになります。
 

妊娠を維持する黄体ホルモン(プロゲステロン)の
分泌を司るhCGホルモンの分泌量がピークを迎える
この時期は、乳首がだんだん黒ずみ始めます。
 

出産後は元に戻るので、
それほど神経質になる必要はないでしょう。
 

子宮が大きくなることで、身体のバランスが変わったり、
内臓が圧迫されることから、腰痛や腹痛、下腹部痛、
恥骨痛み、おしりや足の付け根の痛みなどを感じることが増えます。


スポンサードリンク



 
これは、出産に備えて卵巣ホルモンであるリラキシンが分泌され、
関節や靭帯が緩むことで起こるので、辛いようなら骨盤ベルトなど
を使うことをおすすめします。


お腹が張るとはどういうことか


 
妊娠中のお腹の張りは、子宮が硬くなることで起こります。

 
妊娠11週目にお腹が張る原因は、必ずしも切迫流産や
流産につながる子宮収縮だけでなく、妊娠によって
大きくなる子宮を支えるために筋肉が伸び、血流量が
増えることで、周辺の内臓などが影響を受けることも、その一つです。
 

また、子宮の成長に伴って、それを支える靭帯や子宮広間膜などが
引っ張られることから、下腹部痛やお腹の張りとして妊娠されることもあります。

 
また、妊娠初期はプロゲステロンの影響で、
腸のぜん動運動が鈍くなり、便秘をするお母さんが多いです。
 

そのため、お腹にガスがたまることで、
お腹に張りを感じることもあります。

参照:妊娠7週目エコー大きさ!赤ちゃんが見えない?

参照:妊娠7週目のエコーで双子は分かる?心拍確認は?

妊娠11週でお腹が張った時の対処法は?


 
妊娠による生理的な変化で起こるお腹の張りは、
安静にすると治まるのが普通です。
 
まず、横になって様子を見ましょう。
 
ただし、確率は妊娠9週以前より低くなったとはいえ、
妊娠11週でも流産の可能性は残っています。
 

もし、お腹の張りが下腹部全体ではなく、恥骨のすぐ上にある
子宮に限定され、硬さがバレーボールぐらいになるようなら、
子宮収縮が起こっているかもしれません。
 

その場合は、すぐに産婦人科に行く必要があります。
 

お腹が張ったとき、横になって10分を経過しても治まらない、
一度治まったお腹の張りが何度もくり返される、出血がある場合は、
すぐに病院に連絡し、指示を仰ぎましょう。
 

また、立ち仕事を長く続けたり、動きすぎたり、
ストレスを感じても、子宮は硬くなります。
 

いつものお腹の張りとどう違うのか、自分なりに見極めましょう。