妊娠9週目は、つわりもピークを迎え、お母さんにはつらい時期かもしれません。

 
ですが、お腹の赤ちゃんは着実に成長を遂げており、安定期ももうすぐです。
 

では、妊娠9週目だとお腹のふくらみは目立つのでしょうか?
 

赤ちゃんの大きさは、どれくらいなのでしょうか?


スポンサードリンク






 
そんな気になる妊娠9週目の時期のことを、お話ししたいと思います。


妊娠9週目の赤ちゃんの状態は?


 

妊娠9週目の赤ちゃんをエコー検査で見ると、2頭身になっていることがわかり、
手足もしっかり伸び、しっぽも見られなくなることから、人間らしい体つきになってきます。
 

この時期のお腹の赤ちゃんは身長は20~40mm、体重が3~10gに成長します。
 

心臓もほぼできあがり、脳や肺といった生命を維持するために
不可欠な内臓器官の基盤、生殖器も形成されます。
 

お母さんは胎動を感じませんが、お腹の赤ちゃんは光や音など、
外からの刺激に反応して動くようになります。


妊娠9週目のお母さんの身体の変化とは?


 

妊娠9週目になると、赤ちゃんの成長に合わせて子宮も少しずつ大きくなるため、
それを支えている筋肉の伸びがおいつかず、下腹部にチクチクした痛みや、
お腹の重たさを感じるお母さんが増えてくるようです。
 

そして、下腹部を触ると、ややふっくらしてきたことが実感できるようになります。


 

そのため、見た目に変化は感じられなくても、それまではいていたボトムスだと、
お腹周りがきついと感じるひとも多くなります。
 

妊娠9週目でマタニティウエアは早いと思うかもしれませんが、パンツの場合、
ウエストの調整ができるので、早い時期から使っても問題ありません。
 

きついのを我慢して妊娠前のボトムスをはき続け、血行や呼吸を妨げることは、
お腹の赤ちゃんにはよくないことです。
 

デザインもマタニティウエアに見えないボトムスがたくさんありますから、
お腹を締め付けないデザインのものを選んで身に付けることをおすすめします。


スポンサードリンク



 

また、乳輪が黒ずんできたり、白いぶつぶつができることがありますが、
これは妊娠によってエストロゲンやプロゲステロンの分泌量が増えているのが原因なので、
出産後に戻るのが一般的です。
 

子宮が腸や膀胱を圧迫することで、頻尿や便秘になるお母さんも多いので、注意しましょう。


つわりが重い妊娠9週目を乗り越えるポイントは?



 
つわりのピークは、妊娠8~11週目といわれています。
 

妊娠9週目はまさに、つわりが重い時期といえます。
 

この時期は、食べられるものが制限されたり、体調が悪い毎日が続くものなので、
お母さんはできるだけ安静に過ごすのが望ましいです。
 

脱水症状が起きないように水分補給には十分気を付け、食べられるものを小分けにして、
日に何度も口にすることを心がけましょう。
 

中でもフルーツは、炭水化物や食物繊維、ミネラル、ビタミンが豊富です。
 

冷やして食べると、匂いが気にならないので、日に何度か口にすることをおすすめします。


妊娠9週目を超えれば流産のリスクが下がる!


 

すべての妊婦さんの約15%が流産を経験し、
中でもそのほとんどが妊娠12週目までに起こるといわれています。
 
そして、流産の約70%は、妊娠9週目で起こっています。
 

妊娠9週目を超えれば、流産のリスクがぐっと下がるということです。
 

とはいえ、安定期に入る妊娠16週までは、体調の変化も著しい時期です。
 

参照:妊娠8週目エコー胎児の大きさは?お腹の様子

参照:妊娠8週目つわりなくなる?軽くなったように感じる?

過労や寝不足、不規則な生活を避け、運動も最小限にし、
ストレスをためないことを意識して、毎日を過ごしましょう。
 

そして、出血は切迫流産の兆候であることも多いので、もし少量でも見られたら、
お腹の張りや痛みはないか、色が何色か、時間の経過とともに出血量が
増えていないかを確認し、病院に問い合わせて指示を仰ぎましょう。