妊娠8週目は、多くのお母さんがつわりのピークを迎える時期です。

 

そのため、食事や水分が思うように摂れず、お腹の赤ちゃんがきちんと
育っているのか、不安に感じるひとも少なくないようです。
 


スポンサードリンク







そこで今回は、妊娠8週目のお母さんのお腹の様子や赤ちゃんの状態について、
お話ししたいと思います。



妊娠8週目のお母さんの身体の様子とは?


 

妊娠8週目になると、エコー検査で胎嚢や赤ちゃんの心音も確認でき、
お医者さまから正式な妊娠確定の診断をいただけるお母さんがほとんどでしょう。
 

病院で発行された妊娠届を持って、母子手帳を交付してもらうために
役所を訪れるお母さんも多いかもしれません。
 

妊娠8週目のお母さんの子宮は、鶏の卵の2倍程度まで膨らんでいますが、
見た目には現れません。
 

子宮が大きくなるにつれて、それを支えている筋肉が少しずつ引き伸ばされるため、
下腹部にチクチクした痛みを感じるお母さんもいるようです。
 

この時期はまだ胎盤ができ上っていないので、
無理せず安静に過ごすことをおすすめします。
 

また、子宮の成長に伴い、頻尿や便秘に悩まされるお母さんも増えてきます。

 

さらに、乳房にも変化が現れ、張りや痛み、色の黒ずみなどが起こり、
これまでのブラジャーがきつく感じるひともいます。


妊娠8週目の赤ちゃんをエコー検査で見ると?


 

妊娠8週目になると、お腹の赤ちゃんは「胎芽」から「胎児」と、
呼ばれ方が変わります。
 

大きさは13~18mmくらいで、
胎嚢の中にその姿をはっきりとらえることができます。
 

重さはわずか1~3gほどですが、胎盤とへその緒が形成されると、
自分で母体から栄養補給するようになります。
 


スポンサードリンク




妊娠8週目の赤ちゃんをエコー検査で見ると、
心臓の動きが見え、頭と胴体の違い明確になります。


妊娠8週目の赤ちゃんの成長具合は?

 

 
お腹の赤ちゃんは、妊娠6週目には軟骨が現れるのですが、
それが硬く変化し始めるのが妊娠8週目くらいからです。
 

そのころから、手のひらや足の裏がくぼみはじめ、
指の原型が見られるようになります。
 

腕が伸びるにつれて、動脈や静脈も通うようになり、肘も曲がります。

 

顔のパーツも、下や耳、鼻、まぶたが形成されはじめ、
頭の横には目がつくられはじめます。


ですが、まだものを見ることはできあせん。
 

内臓器官も、心臓や脳、肝臓、肺、心臓、腎臓などがほぼできあがり、
骨盤内には生殖巣もつくられます。
 

神経系統が発達するので、身体や手足を自発的に動かすようになりますが、
小さすぎて、お母さんは胎動として感じることはできません。



妊娠8週目のお母さんの注意点とは



 
つわりのピークは、妊娠10週目あたりまで続くといわれています。

 
妊娠8週目のお母さんはまさに、つわりのピークの真っただ中にいるのです。
 

つわりが辛いときは、自分がどんなタイプなのかを見極めて、
食事の回数を増やしたり、匂い対策をするなど、
対処法を実践することをおすすめします。
 

また、妊娠12週目までは流産しやすい時期ですので、激しい運動は控える、
葉酸を毎日摂取するなど、自分の身体をいたわることを優先してください。
 

妊娠初期に不正出血はつきものですが、お腹の張りや痛みを伴う、
鮮血であるなど、少しでも異常を感じたら、すぐに病院に電話して、
指示を仰ぎましょう。
 

また、妊娠8週目のお母さんの中には、静脈瘤ができるひともいます。

参照:妊娠5週目の胎嚢大きさ平均は?確認できない?

参照:妊娠5週目の過ごし方と気をつけることは?

 
これは、太ももやふくらはぎ、ひざの裏などの血管の一部が、
こぶのようにふくらむ症状のことです。
 

妊娠によって体内の血液量が増え、体重増加などが誘因となって足の血管に圧力がかかること、
黄体ホルモンの分泌によって逆流防止弁の働きが弱くなることが原因のようです。
 

長時間立ったままでいたり、足を組むのは避け、眠るときに足を上げることを心がけましょう。