妊娠7週目ともなると、胎嚢の中にいる赤ちゃんの姿も確認できるようになり、
心拍が見られることも多くなります。
 

ですが中には、赤ちゃんが見えずに不安になるお母さんもいることでしょう。
 

そこで今回は、妊娠7週目の赤ちゃんの状態やエコー検査で何が確認できるのか、
言えなかった場合に考えられる原因について、お話ししたいと思います。



妊娠7週目のエコー検査で確認できることは?


 

妊娠7週目に入ると、胎芽と呼ばれる赤ちゃんが包まれている胎嚢を、エコー検査で確認できます。



スポンサードリンク




 


そして、胎嚢の中に赤ちゃんがいることも確認できます。


この時点では、頭と胴体、手足ができており、人間の形に近くなっています。
 

そして、赤ちゃんの心拍を確認できることもあり、
それは流産の確率が下がったことにもつながります。



妊娠7週目の赤ちゃんの状態は?


 

妊娠7週目の胎嚢の大きさはおよそ40mmで、
その中で13~16mm程度の胎芽が成長しています。
 

妊娠7週目に入った胎芽は、筋肉の動きを司る小脳をはじめ、
心臓や肺、その他の内臓器官も形成されています。
 

中でも心臓は4つの心房が見られるようになり、動脈管を通じて
全身に血液を送り始める時期なので、心拍が見られるようになるのです。
 

手のひらや足の形成も始まりますがまだ指はなく、目や耳、上唇もつくられてきます。
 

頭と胴体が明確になり、2頭身の赤ちゃんをエコーで確認できるでしょう。


妊娠7週目でも赤ちゃんが見えないときに考えられることは?


 
とはいえ、妊娠7週目にエコー検査を受けた際、胎嚢は確認できても、
胎芽や心拍が見られないこともあります。
 

この場合、稽留流産が疑われます。
 

稽留流産とは、子宮の中ですでに受精卵や胎芽が亡くなっているにも関わらず、
そこに留まっている状態のことをいい、進行流産に進まない場合は、
手術で内容物を除去する必要があります。
 

これは、受精卵や胎芽が染色体異常だったために、
子宮内で成長することができずに起こります。
 

実は受精卵になる時点で、半数以上が染色体異常といわれていますが、
それらは着床することなく、お母さんの自覚症状がないうちに
流産していることが大半なのです。



スポンサードリンク



 

これは「化学流産」といい、医学的には流産に分類されていません。


そのため、通常の生理と思って気がつかない女性も多いのです。
 

稽留流産も同じ原因なのですが、流れずに子宮内にあり、
お母さんが原因で起こることではないので、自分を責める必要はありません。


参照:妊娠2週目の検査薬の反応は陽性、陰性?

参照:妊娠3週目の症状!基礎体温は高い?



妊娠7週目に気をつけたいこととは


 

妊娠7週目は、まだお母さんも赤ちゃんも安定期に入っていないので、
無理をすると切迫流産や流産を誘発してしまいます。
 

赤ちゃんが原因で起こる流産は止めようがありませんが、
お母さんの生活習慣がきっかけとなる流産は、予防することが可能です。
 

アルコールやタバコの摂取をやめる、カフェインの過剰摂取をやめる、
葉酸サプリを毎日飲む、重いものを持ったり激しい運動はしない、
身体を冷やさない、体調が悪いときには無理をしないなど、
日常生活で心がけるだけで、流産のリスクを減らすことができます。
 

また、流産の前兆として出血やお腹の張り、下腹部痛、腰痛などが起こることがあります。
 

鮮血が出た、痛みが徐々に強くなる、激痛があるときにはすぐに病院に連絡し、
診察をお願いしましょう。
 

また、少量の出血やお腹の張りが見られたときには、すぐに安静にし、
治まるかどうかを観察してください。
 

その際、出血の色や量をメモしておくと、後でお医者さまに説明するときに話が早いはずです。
 

身体に異変を感じたら、素人判断せずに、まずはかかりつけの産婦人科に電話してみましょう。
 

元気な赤ちゃんを産むためにも、自分の身体の変化に注意して過ごしてくださいね。