自閉症への理解がない頃には、母親の
冷たい性格のせいで母子関係が生計されず
自閉症になると原因がされていました。

その後、てんかんの発作が高い頻度で
出ることが分かり、先天性の障害
だと
されたと言われています。


スポンサードリンク




ですが諸説がたくさんあり、国や専門家に
よっても様々な見解がされてます。

ですがどの国でも自閉症の原因を解明すべく
日々研究がされているのも確かで、先天性の障害
・遺伝子の問題
などと言われ出し、50年以上も
世界中で遺伝子の研究がされているのも事実です。

ですが、いまだに原因が解明されていません。

本当に遺伝子が原因なのか?
と新たな説も色々でだしています。

自閉症スペクトラム(ASD)の原因は
まだハッキリとした解明はされていません。

先天性なのはどの専門分野の方も納得は
してるそうなのですが、それ以外の部分が
謎なので仮説が多く生物学的な要因で
起きているとも言われてきています。

染色体異常がASDの発症の原因の一因であり、
出生前の風疹やサイトメガロウイルス(ヘルペスウイルス)
などのウイルス感染により発症している
可能性があるとされています。

母親の愛情不足・躾の失敗・環境・テレビの
見せすぎ・心理的ショック・予防接種
などで
ASDが発症するという事は嘘です。

決して親のせいではないです。

ただ今から妊娠を希望される親御さんは、
風疹やウイルス系の事に関しては妊娠前に
ちゃんと予防接種をしておくべきではあると思います。

防げる事は防ぐ方がいいと思います。

ASDの治療ってどんな事するのか気になりますよね。

治るのか改善はあるのかなど不安な日々を
過ごす親御さんも多いはずです。


スポンサードリンク




親御さんも先の見通しが少しでも付けば
それに向かい前進出来ますが何からして
いいか分からないのが本音だと思います。

手探りになる事が多いので不安の方が大きいと思います。

検査をし診断がで結果がでASDと言われた場合、
持ってる障害の内容で変わってきます。

軽度~重度の診断があり他の障害が
併発してるのかでも対処が変わってきます。

一般的にASDの症状は改善は見られるものの
一生涯付き合って行かなくてはいけ名と言われています。

7歳までにコミュニケーション・言語などの能力が
伸びるかで将来が変わってくるとも
言われていますので早期の発見が大事になります。

検査の時の年齢にもよりますが小児の標準的な
知能指数(IQ)検査の結果が50未満だと成人期になっても、
支援が必要となる可能性は高くなるそうです。

ASDの小児に多く用いられる治療としましては、
行動修正療法が有効だと言われています。

知能指数が比較的高い場合は社会的能力を
伸ばす事を目的とした療育方が有効です。

行動修正療法とは、発達障害に見られる行動を言います。

大まかに分けて4つあります。

・習癖の異常:爪噛み、意味症
(甘い物を苦いと言ったりする)など


・生活習慣の異常:睡眠障害など
・日常行動の異常:かんしゃく、攻撃行動など


・病的習慣や行動:常同行動
(手をヒラヒラさせたり、飛んだり)

小児に合わせた療育を行うのが一番良い方法ですので、
専門分野の方と相談しながら進めていき、
お子さんに合った教育を行うのが最も重要になります。

小児に療育プランには・行動療法・言語療法
・作業療法・理学療法などが組み込まれます。

薬物療法も同時に行う場合もあり、薬では
自閉症自体は治りませんが、障害に伴う
様々な症状を和らげる効果を目的にし投与します。

例えで言いますと、ADHD(注意欠如・多動性障害)
場合など薬を用いると落ち着いて物事を考えれるように
なったりもします。

薬なんでメリット、デメリットはあります。
ですので医師と相談しながら服用をしていきます。

基本的に自閉症は改善はあるものの
治らないとされていますがアメリカで
完全なる自閉症と診断されていた

子どもの中に思春期から青年期にかけ自閉症の
症状が消滅したケースもあるらしく、さらなる研究が
進められているそうです。

本当に消滅するのであれば先が期待でき
良い結果が知りたいものです。