妊娠6週目でエコー検査を受けると、胎嚢や胎芽、
心拍が確認でき、一安心できるお母さんが多いものです。
 

ですが、生理不順の女性の場合、
妊娠6週目でも妊娠に気がついていなこともあります。
 

そのため、妊活中は出血に注意を払う必要があります。


スポンサードリンク





 

そこで今回は、妊娠6週目に起こる出血の原因や、
止まらない場合の対処法などについて、お話ししたいと思います。


妊娠6週目ってどんな時期?




妊娠6週目に入ると、生理の遅れから妊娠検査薬を使って調べ、
病院を受診するお母さんが多くなります。
 

その際、エコー検査を受けるのですが、赤ちゃんが包まれた
胎嚢やその中にいる胎芽、赤ちゃんの心拍を確認できる時期です。
 

流産や子宮外妊娠の確率も下がるので、
出産予定日の目安が伝えられる病院も多いようです。


 

お母さんの体内では、胎盤の形成が急ピッチで進み、ホルモンバランスの
変化から身体にもさまざまな症状が出て、つわりを感じるひとも増えてきます。



妊娠6週目に起こる出血の原因とは?


 
妊娠6週目は、まだ胎盤がつくられている時期なので、子宮内膜に多くの血液が流れ込み、
充血していることから、出血しやすくなっています。
 

そのため、出血したからすぐに流産を疑う必要はありません。

 

特に、茶色の出血が短期間続く場合は、ホルモンバランスの変化によるものなので、
様子を見ていても問題ないでしょう。



出血が止まらない原因として考えられることは?




とはいえ、妊娠6週目なのに茶色の出血が長く続く場合は、
子宮内やお腹の赤ちゃんに何か起こっている可能性があります。
 

その際、激しい腰痛を伴っているようなら、
一度病院で診察を受けることをおすすめします。


スポンサードリンク



 

また、茶色の出血が腹痛を伴う場合、流産の可能性を否定できません。

最初は茶色だった出血が鮮血になってきた場合は、すぐに病院に行きましょう。


 
切迫流産や流産の疑いがあります。
 

切迫流産とは、出血や下腹部痛があっても妊娠は継続できている状態なので、
安静にすることで治まることが多いです。

ただし、状態によっては自宅安静ではなく、入院するように指示されることもあります。
 

また、残念ながら早期流産が原因なこともあります。

これは、受精卵の染色体異常など、胎児が原因で起こることが多く、
すべての妊婦さんの約15%は流産経験者です。
 

お母さんに原因があるわけではないので、自分を責めすぎないようにしましょう。


参照:妊娠5週目の症状ないことある?

参照:妊娠5週目エコー写らない?双子が分かる時期?


妊娠6週目は出血の色や量に注意を払おう!



 
このほかにも、妊娠6週目で起こる出血の原因には、子宮膣部びらんや
子宮頚管ポリープ、子宮外妊娠、胞状奇胎などがあります。
 

子宮膣部びらんとは、子宮口がただれて、内診や性行為の刺激で出血してしまうものです。


子宮頚管ポリープは、子宮頚部に腫瘍ができているのが原因で、
そのほとんどが良性といわれています。


子宮外妊娠の場合は、妊娠反応が陽性でも、子宮内に胎嚢を確認することができません。


胞状奇胎とは、胎盤のもとになる絨毛組織が正常に発育せず、
赤ちゃんが成長できなくなる病気で、処置が必要になります。


上記が原因の場合は、きちんと妊婦検診を受けることで、
お医者さまに見つけてもらうことができます。


もし、妊娠6週目で出血が起こったら、まず色と量を確認し、
腰痛や下腹部痛を伴っていなければ、安静にして様子をみましょう。


ただし、出血が鮮血だった場合や腰痛・下腹部痛を伴うときには、
素人判断せず、すぐに病院に連絡し、お医者さまの指示を仰いでください。


切迫流産だった場合、早めに対処することで、妊娠を継続できる確率がアップします。


また、妊娠がわかった時点で、生活のペースを落とし、無理をしないことも、
出血を予防するうえでは大切です。
 

妊娠初期は、自分を大事にしてくださいね。