妊娠6週目に入ると、エコー検査で胎嚢や胎芽の心拍が確認できることが多く、
一安心するお母さんもいることでしょう。
 

そして、このあたりからつわりを感じ始めるひとも、少なくありません。
 

では、妊娠6週目のつわりの状態とはどんな感じなのでしょうか。



スポンサードリンク





 

つわりのピークや症状がないひともいるのかについて、お話ししたいと思います。


妊娠6週目のお母さんの身体の変化


 

受精卵が着床して妊娠が成立すると、胎盤の成長を促すためにhCG
(ヒト絨毛性ゴナドトロピンホルモン)の分泌量がアップすると共に、

胎盤の形成をサポートするプロゲステロン、
妊娠を維持するエストロゲンの分泌も盛んになります。

そのため、妊娠初期症状が現れるようになります。

これを、「つわり」といいます。



つわりで見られる一般的な症状とは?


 

つわりで見られる症状は、個人差が激しいものです。

 

主なつわりの症状をあげてみると、体のだるさ、眠気、下腹部の張りや違和感、
吐き気、嘔吐、頭痛、腰痛、頻尿、便秘、微熱、情緒不安定、よがれが増えるなどがあります。
 

中でも胃のむかむかや吐き気、強烈な眠気、
よだれの増加は、妊娠6週目のよく見られる症状です。

 

大半のお母さんは「吐きつわり」という常に吐き気を伴う症状に悩まされますが、
中には常に食べていないと気持ちが悪くなる「食べづわり」、

嗅覚が敏感になって吐き気を誘発する「匂いつわり」、いつも眠たい状態が続く
「眠りつわり」、よだれが常に出続ける「よだれづわり」などを感じるひともいます。



つわりのピークはいつ?どれくらい続くの?


 

つわりは、早いお母さんだと妊娠4週目に感じ始めるひともいるほどです。

 
たいていは妊娠6週目くらいから感じ始めることが多く、
妊娠8週目から11週目までがピークといわれています。
 

症状や感じる程度はひとそれぞれですが、身体が妊娠したという状態になれると、
徐々に落ち着いてくるものです。
 

多くのお母さんは、安定期に入る妊娠12週目から16週目には、
つわりが収まってくることが多いです。



これは、妊娠15週前後に胎盤ができあがり、
hCGの分泌が弱くなるからとも考えられています。
 


スポンサードリンク




ですが中には、妊娠後期になってもつわりが続くお母さんもいて、
全妊婦さんの約10%が出産まで続くつわりに悩まされるとされといます。


 
また、まったくつわりの症状が出ないひと、
妊娠後期になってからつわりを感じ始めるひともいます。


参照:妊娠4週目の流産症状と兆候は?

参照:妊娠4週目の出血は鮮血か茶色?下腹部痛は?


自分のつわりのタイプに合わせて対処しよう!




なぜ、つわりが起こるのかについては、まだ医学的に解明されてはいません。

 

ですが、妊娠をきっかけに起こるのは間違いなく、その辛さは期間限定なものです。
 

そのため、自分がどのつわりのタイプなのかを認識し、
それにあった対処法を実践するしかありません。
 

吐きつわりの場合は、無理に食べようとせず、水分摂取だけ心がけるという方法もあります。


のど越しが良く、食べやすいものを、日に何度かに分けて、少しずつ食べるようにしましょう。


栄養バランスに縛られて、吐き気を誘発するものを無理に食べるより、
脱水症状を起こさないように水分摂取する方が大切です。
 

また、お腹がすくと気持ちが悪くなる食べつわりの場合は、カロリーや脂肪分、
脂質が少ないものを頻繁に口にするのが基本ですが、食べ過ぎることでかえって
ムカムカが増すこともあるので、注意が必要です。
 

そして、だるさや眠気が続く場合は、家事や仕事のペースを落として、
休める時間をつくることを意識してください。
 

情緒不安定の場合は、家族や周囲のひとに理解してもらい、乗り切るしかありません。

 
つわりを悪化させないためには、無理をしないのが一番です。
 

安定期に入るまでは、それまでより仕事や生活のペースを落とし、
身体を冷やさない、睡眠を十分にとることを意識しましょう。