妊娠5週目に入り、病院で診察を受け、胎嚢を確認したことで、
妊娠を実感するお母さんも多いことでしょう。
 

ですが、この時期はお腹の中で赤ちゃんが急激に成長するタイミングなので、
お母さんに気をつけてほしいことがあります。


スポンサードリンク





 

そこで今回は、妊娠5週目の過ごし方と気をつけてほしいことについて、
お話ししたいと思います。



妊娠5週目以降の赤ちゃんの成長



 

妊娠5週目の赤ちゃんは、まだ「胎芽」と呼ばれる時期で、
形もひとというよりおたまじゃくしに似ています。
 

この胎芽はまだ3~5mmほどで、「胎嚢」という袋に包まれています。
 

妊娠5週目だと、胎嚢の大きさは10mm程度で、
まだ胎芽の心拍は確認できない方が多いです。
 

妊娠4週目から16週目は、赤ちゃんの器官や組織が急ピッチで形成される
「期間形成期」という時期です。
 

中でも妊娠5週目からは、目や耳、口といった顔のパーツの形成に始まり、
胃や腸、肺、膵臓、脳神経、大動脈などがみるみる発達し、
手足になる突起も見られるようになります。
 


そして、妊娠5週目の終わりには、
胎芽の心臓からすべての器官に血液が運ばれるようになるのです。



妊娠5週目のお母さんの状態




 
妊娠5週目になると、お母さんの身体にも変化が起こります。

 
胎盤を形成するためにプロゲステロンというホルモンが大量に分泌される影響で、
胸の張りやチクチクした痛み、身体のだるさ、眠気、微熱、
熱っぽさなどを感じることが多いようです。
 

また、妊娠によって子宮の筋肉が増えるため、それが伸び、血流量もアップします。
 

そのため、子宮を支えている靭帯や子宮広間膜が引っ張られてしまい、
お腹の張りや下腹部痛を感じるお母さんも少なくありません。
 

これらを、「妊娠超初期症状」といいます。
 

また、妊娠5週目になると、つわりが出始めるお母さんもおり、吐き気や嘔吐だけでなく、
特定のものばかり食べたくなる、味覚や嗅覚が変化するなど、その症状の出方には個人差があります。



妊娠5週目のお母さんに心がけてほしいこと




 
妊娠5週目は、お母さんの身体もお腹の赤ちゃんも不安定な時期なので、
用心して過ごすにこしたことはありません。
 


スポンサードリンク




まず、バランスのよい食事を心がけ、だるいときには無理せず休み、
睡眠時間もきちんと確保しましょう。
 

妊娠初期に特に摂取してほしいのが、たんぱく質や脂質、
葉酸、ビタミン、ミネラル、カルシウム、鉄分です。
 

つわりで食欲がないときは一度に食べようとせず、日に何度か小分けにして、
食べられる範囲で食事をするように心がけてください。
 

また、たばこやアルコールの摂取は厳禁です。

お腹の赤ちゃんを、危険にさらす可能性が高まります。
 

合わせて、重いものを持たない、冷えないように配慮するのも大切です。

 

妊娠5週目は、体内でホルモンバランスが急激に変化しているので、
情緒不安定になるお母さんも多いようです。家族にもその点を理解してもらい、
リラックスタイムを設けるようにしましょう。 


参照:妊娠2週目の検査薬の反応は陽性、陰性?

参照:妊娠3週目の症状!基礎体温は高い?



葉酸は必ず摂取しよう!




そして、妊娠5週目のお母さんに必ず守ってほしいことがあります。
 

それは、葉酸を摂取することです。
 

厚生労働省も、妊娠初期は食事からの葉酸摂取を1日240マイクログラム、
サプリメントからは1日400マイクログラムを摂取するように推奨しています。
 

これは、妊娠初期に葉酸を必要量摂取することで、お腹の赤ちゃんに
神経管閉鎖障害が起こるリスクを、70%も低減できるからです。
 

また、葉酸にはお母さんのつわりを和らげたり、子宮内での赤ちゃんの
発育遅延や貧血の予防にも効果があるとされています。
 

葉酸は水溶性ビタミンで、調理の過程でその成分の50%を失ってしまうので、
サプリメントとの併用を勧めています。
 

良質な葉酸サプリメントを摂取して、母子の健康を守りましょう。