妊娠5週目は、生理予定日をすでに1週間過ぎ、
ひとによっては身体の変化を実感し始める時期です。
 

妊娠検査薬を試して、陽性反応が出る女性も多いでしょう。
 

そのため、このタイミングで産婦人科を受診するひとが少なくないのです。


スポンサードリンク





 

では、妊娠5週目の診察で赤ちゃんを確認することはできるのでしょうか?
 

胎嚢の大きさや確認可能かどうかも含めて、お話ししたいと思います。



妊娠5週目に起こる身体の変化



 
妊娠4週目から5週目にかけて、微量な出血がある女性もいますが、
その大半は「着床出血」という妊娠超初期症状で、短期間で終わることから、
生理とは違うことに気付くひとがほとんどです。
 

受精卵が着床し、妊娠が成立した時点で、体内ではそれを維持するために
大量のホルモンが分泌されるようになり、それに伴ってさまざまな症状が出始めます。
 

胸が張ったりチクチクする、身体がだるい、眠気が強い、熱っぽい、下腹部痛があるなどは、
子宮内で胎盤を形成するために分泌されているプロゲステロンの影響です。
 

そして、妊娠5週目あたりから、つわりを感じ始めるお母さんも少なくありません。
 

吐き気や嘔吐、味覚や嗅覚の変化、特定のものばかり食べたくなるなど、
これまでにない症状があり、生理が遅れているなら、妊娠の可能性が高いでしょう。


妊娠5週目には胎嚢が確認できる?




妊娠5週目で産婦人科を受診すると、エコー検査を受けることになります。

 
というのも、妊娠5週目は「胎嚢」が確認できる時期だからです。
 

胎嚢とは、赤ちゃんを包んでいる袋のことをいい、
その中に「胎芽」という赤ちゃんがいます。
 

妊娠10週未満の赤ちゃんは、まだ人間の形になっておらず、胎芽と呼ばれるのです。
 

この胎芽が包まれた胎嚢は、妊娠4週目から5週目で確認できることが多いです。
 

そして、胎嚢が確認できた時点で、子宮外妊娠ではないことが証明されます。


スポンサードリンク




 
妊娠5週目で胎嚢が確認できない場合、排卵日にずれがあって妊娠週数と
実際が異なっている可能性があるので、経過観察するように言われることが多いです。


胎嚢の平均的な大きさは?赤ちゃんの状態は?




妊娠5週目の胎嚢の大きさは、平均して10mm前後といわれています。
 
その胎嚢に含まれている胎芽の大きさは、わずか3~5mmです。
 

妊娠5週目に入ると、胎芽は身体のさまざまな器官の形成のスピードがアップし、
目や耳、口などの顔のパーツ、胃・腸・肝臓・膵臓・肺・脳神経・大動脈などがみるみる発達し、
手足にあたる部分にも突起がみられるようになります。
 

ですが、妊娠5週目の段階では、まだ胎芽の心拍が確認できるわけではありません。

 
妊娠が100%確定するのは、赤ちゃんの心拍が確認できたときです。
 
大動脈が形成され、身体に赤ちゃん自身が血液を送れるようになるタイミングで
心拍が確認できるので、次回の妊婦検診を待つことになるでしょう。
 

妊娠5週目で心拍を確認できるひともいますが、少数なので、
見えなくてもそれほど神経質にならなくて大丈夫です。


参照:妊娠1週目つわり症状は?レントゲンの影響はある?

参照:妊娠2週目の吐き気、腹痛は?気をつけることは何?


妊娠5週目に心がけておきたいことは?


 
妊娠5週目は、まだお母さんの身体も赤ちゃん自身も不安定な時期です。

 
そのため、流産が起こる可能性も低くありません。
 
現代では、妊娠検査薬が市販されていることで、
生理予定日よりも前に陽性反応を確認する女性が増えています。
 

ですが、受精卵の半数以上は染色体異常だといわれており、
その場合は一度子宮内に着床しても、それを維持できずに自然に流れてしまいます。
 

これを「化学流産」といい、医学的には流産の分類に含まれていません。
 

また、陽性反応が出ても子宮外妊娠で、処置が必要になるケースもあります。

 
妊娠5週目は出血の状態に注意し、量や痛みなど、
生理とは違う兆候が見られたら、すぐに病院を受診してください。