妊娠5週目になると、病院で診察を受けるお母さんが増えてきます。

 

その際、エコー検査を受けることがほとんどでしょう。
 

では、妊娠5週目のエコー検査では、赤ちゃんが確認できるのでしょうか。
 

もし双子だった時には、すぐに見つかるのでしょうか。


スポンサードリンク





 

妊娠5週目のお母さんと赤ちゃんの状態も交えて、お話ししたいと思います。



妊娠5週目のお母さんの状態


 

生理予定日を1週間過ぎたあたりが、妊娠5週目を言われる時期です。
 
そのため、市販の妊娠検査薬を使って調べるお母さんも多いはずです。

 

この時期のお母さんの身体には、妊娠初期症状といわれる様々な変化が現れます。
 

これは、受精卵が子宮内腔に着床することで、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)
やエストロゲン、プロゲステロンといった女性ホルモンの分泌量が盛んになり、
ホルモンのバランスが急激ン変化することで起こります。
 

胎盤や胎芽を形成するために、子宮への血流量が増加し、
子宮を支えている靭帯が伸びることによって下腹部や足の付け根、
恥骨、腰、股関節などに痛みを感じることがあります。
 

また、吐き気や嘔吐、だるさ、微熱、眠気など、
つわりの症状が出るひとが増えてくる時期です。
 


妊娠5週目の赤ちゃんの状態


 

妊娠5週目の赤ちゃんは、「胎芽」と呼ばれ、胎嚢につつまれています。
 

胎芽とは、妊娠7週目までの赤ちゃんの呼び方で、
まだ人間の形はしておらず、まるでおたまじゃくしのようです。
 

妊娠5週目の胎芽の大きさは、わずか2~5mmで、
まだ母体からではなく受精卵の栄養で大きくなります。
 

胎児と呼ばれるようになるのは、妊娠10週目以降からです。
 


スポンサードリンク




そして、妊娠5週目の赤ちゃんは、目や耳、口といった顔のパーツや、
胃・腸・肝臓・すい臓・肺・脳神経・大動脈などの期間が急速に形成されます。
 

手足のような突起も見られるようになり、
妊娠5週目の後半には全身に血液がめぐるようになります。


妊娠5週目のエコー検査で確認できることは?


 

妊娠5週目でエコー検査を受けた時には、胎嚢が確認できることが多いです。
 

また、胎嚢の中に胎芽が見られることもあります。
 

ですが、この時期はまだ赤ちゃんの心拍を確認することはできません。

 

また、排卵日がずれることも多く、自分では妊娠5週目だと思っていたのに、
実際には妊娠4週目ということもよくあります。
 

妊婦検診を継続し、出産予定日が修正されますので、
妊娠5週目の時点で神経質になることはありません。


双子かどうかはいつわかるの?




 
お腹の赤ちゃんが双子かどうかがわかる時期は、一卵性か二卵性かによって異なります。

 

二卵性双生児の場合は、受精卵が二つとも着床したということですから、
胎嚢が確認できる時期にすぐわかることが多いです。
 

ですが一卵性双生児の場合は、一つの胎嚢を共有しているので、
胎芽の心拍が確認できるようになるまで、見つけるのは難しいのです。
 

二卵性双生児の場合は、妊娠5週目でもわかる可能性がありますが、
一卵性総世辞の場合は、心拍が確認できる妊娠6~7週目に入って
から判明することが多いです。
 

どんなに遅くても、妊娠4カ月に入る頃には、双子の確定診断ができるでしょう。

 

とはいえ、双子の妊娠は通常の妊娠より、お母さんにかかる負担が大きいものです。
 

特に妊娠初期は、二人分の栄養をつくらなければならないので、
必要とされる血液の量が多く、お母さんが貧血になりやすい傾向があります。
 

双子だからつわりが重くなるということはありませんが、流産のリスクもあがるので、
お母さんが安静に過ごせるよう、家族に協力してもらうことも大事です。
 

もし、早い時期に双子の妊娠がわかったら、いわゆる安定期はないと考え、
自分とお腹の赤ちゃんを守ることを優先に、生活習慣を整えていきましょう。