生理予定日を過ぎた妊娠5週目になると、つわりなどが出始めるお母さんが多いものです。

 

そう聞くと、生理が遅れているのに、自覚症状がない女性は不安になってしまいますよね。
 

そこで今回は、妊娠5週目とはどういう状態なのかも合わせて、
自覚症状がないことがあるかどうかについて、お話ししたいと思います。



妊娠5週目のお母さんの身体




 
妊娠5週目になると、市販の妊娠検査薬でも陽性反応が見られるようになり、
産婦人科でエコー検査を受けた時に、子宮内に胎嚢があるのを確認できるお母さんが多くなります。


スポンサードリンク





 

受精卵が子宮内に着床して、胎盤や胎芽が成長するために、
hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)の分泌量が多くなり、身体にも様々な変化が表れ始めます。

 

基礎体温をきちんとつけている女性なら、高温期が続いていることが確認できるはずです。
 

そのため、微熱や身体の熱さを感じたり、胸が張る、
胸がちくちくすると感じるひともいるようです。
 

また、妊娠によって子宮の筋肉が増えたり伸びたりするので、血流量がアップします。

 

すると、子宮を支えている人体や子宮広間膜が引っ張られてしまうので、
下腹部に痛みを感じるお母さんもいます。


妊娠5週目の赤ちゃんの状態




妊娠5週目になると、エコー検査で胎嚢が確認できることが多くなります。

 
胎嚢はまだ7~8mm程度で、赤ちゃんの形や心拍を確認することはできません。
 

この時期はまだ胎芽と呼ばれ、目や耳、鼻、口などの顔が作られはじめ、
手足のもととのなる突起が見られるようになったり、胃腸や肝臓、
すい臓、肺などの期間も形成され始めます。
 

また、大動脈の形成も始まり、妊娠5週目の終わりには、
赤ちゃんの心臓が動き始め、その他の臓器に血液を運ぶようになります。



妊娠5週目に見られる症状




妊娠5週目になると、自覚のあるお母さんも多く、つわりを感じるひとも増えてきます。
 

つわりと聞くと、吐き気や嘔吐を想像するひとが多いと思いますが、
出る症状はそれだけではありません。


スポンサードリンク



 

いままで大好きだったものが食べられなくなったり、特定のものだけを
食べたいと考えるようになったり、眠気やだるさが強くなったりすることもあります。
 

また、お腹にガスがたまったように感じ、おならの回数が増えるお母さんも多いです。
 

また、やたらにトイレの回数が増えると感じるお母さんもいます。

 

さらに、妊娠5週目はプロゲステロンというホルモンの分泌量が多くなるので、
情緒不安定になる女性も少なくありません。イライラや落ち込み、
涙もろさはホルモンの影響なので、家族にもその点は理解してもらうとよいでしょう。



妊娠5週目でも症状がないのは異常?




 
とはいえ、妊娠5週目でも自覚症状がないひとも当然います。
 

妊娠したことで出る症状にも、個人差があるからです。
 

とはいえ、妊娠5週は流産しやすい時期でもあり、
安静に過ごすにこしたことはありません。
 

妊活中なら、生理予定日を常に意識して、
それを1週間過ぎたら一度妊娠検査薬で調べてみるのも一つの方法です。
 

自覚症状はなくても、妊娠していれば体内でホルモン分泌に変化があるので、
陽性反応が出るはずです。
 

とはいえ、妊娠5週目は「化学流産」といって、受精卵が染色体異常のために
妊娠を継続できずに流れてしまったり、子宮以外の場所に着床してしまう
「子宮外妊娠」の可能性もあります。
 

早期に妊娠の状態を把握することで、対処できることも多いので、
体調の変化には気を配ることをおすすめします。


 

また、妊娠5週には自覚症状がなくても、
週数が進むにつれてつわりや身体の変化を感じることが増えてきます。
 

もう一人の身体ではないので、食生活や睡眠時間、適度な運動など、
お腹の赤ちゃんの成長を守る習慣を意識して、毎日を過ごしてくださいね。