妊娠4週目は、通常だと生理がある時期です。

 

生理周期が安定している女性なら、妊娠している可能性が高いです。
 

では、妊娠4週目で妊娠の確認はできるのでしょうか。


 

エコー検査で赤ちゃんが確認できるのか、
大きさはどの程度なのかについても、お話したいと思います。



妊娠4週目の状態とは?




 
妊娠は、胚盤胞と呼ばれる状態まで成長した受精卵が、
子宮内膜に着床することで成立します。


スポンサードリンク





 

生理開始予定日である妊娠4週目も後半になると、
子宮内に胎嚢が見えるようになります。
 

病院で使われている精度の高い妊娠検査薬で調べることで、
妊娠の確定診断ができるようになります。



妊娠検査薬でも陽性反応が出ることが多い!



 妊娠3週目に着床すると、胎盤と胎児を形成するために、
hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)の分泌が活発になり、
エストロゲンやプロゲステロンの分泌量も比例して増えていきます。
 

市販されている妊娠検査薬は、このhCG値が50mIU/mL以上になると、
陽性反応が出るようになっています。
 

着床して3日を過ぎるとhCG値は25mIU/mL以上に、
5日を過ぎると50mIU/mL以上になるといわれていますので、
妊娠4週目に入ってのフライング検査の場合は、陽性反応が出ることが多いでしょう。
 

市販されている妊娠検査薬が陽性の妊娠4週目の女性が産婦人科を受診した場合、
エコー検査を行うかどうかは、お医者さまの考え方によります。



病院でエコー検査をしたら確認できる?


 

正常に妊娠した場合、妊娠4週目でも子宮内に胎嚢があるのが確認できます。

 

とはいえ、女性の身体はデリケートなので、排卵日がずれることで、
生理周期と実勢の妊娠週数がずれることもあります。
 

妊娠4週目で胎嚢が確認できなくても、妊娠5週目あるいは6週目に確認できれば、
お腹の赤ちゃんが順調に育っているということです。
 

ですが、妊娠の陽性反応が出たにもかかわらず、胎嚢が確認できない状況が
続いている時は、子宮外妊娠の可能性があります。
 

子宮外妊娠の場合は、早期の処置が必要ですので、胎嚢が確認できるまでは、
定期的に診察を受けるようにしましょう。



妊娠4週目の赤ちゃんはどれくらいの大きさなの?


 

妊娠4週目の赤ちゃんは、まだ「胎児」ではなく「胎芽」と呼ばれます。



スポンサードリンク



 
胎芽の大きさは、わずか1.5~10mmと、まだまだ小さいです。
 

胎芽は胎嚢に包まれており、エコー検査では中の胎芽の様子は確認できません。
 
とはいえ、妊娠4週目の赤ちゃんは、確実に成長を続けています。
 

まず、この時期の胎芽は頭とお尻の区別がつき始め、
後に様々な期間や組織を形成するために必要な三胚葉ができ始めます。
 

そして、身体に血液を送るための心臓管の形成も始まり、
妊娠4週目の終わりごろには、全身に血液が行き渡るようになります。
 

そして、未完成ではあるものの胎盤が機能しはじめ、
お母さんから栄養や酸素を受け取り、老廃物を運び出すようになります。


妊娠4週目に気をつけたいこと




 
妊娠初期は、流産しやすい時期といわれています。


その大半が化学流産で、胎児の染色体異常で起こる、避けようのない事態です。


妊娠検査薬で陽性反応が出たにも関わらず、
その後に出血が見られた場合、化学流産である可能性が高いです。


実は受精卵のうち45%に染色体異常があるといわれており、
フライング検査が一般化するまでは、化学流産に気づかず、
通常の生理だと思い込んでいる女性も多かったのです。


最近は化学流産を自覚する女性が増えていますが、
これは稽留流産や後期流産と違って、医学的には流産とはみなされません。


そして、化学流産をくり返したからといって、不育症になることもありません。


こうした予備知識を持つことで、万が一の時にも自分を責めないようにしてください。