妊娠3週は、受精卵が子宮内膜に着床し、妊娠が成立する時期です。

 
そのため、早い人だと身体の変化を敏感に感じるようになります。
 

では、妊娠3週目にはどんな症状が起こるのでしょうか?


スポンサードリンク





 

基礎体温の状態も含めて、お話ししたいと思います。



妊娠3週目の状態とは


 

妊娠3週目は、細胞分裂をくり返し、
胚盤胞になった受精卵が子宮内膜に着床し、妊娠が成立する時期です。
 

胚盤胞の絨毛が子宮内膜の細胞を溶かし、奥深く入り込むことで、
胎盤や胎児を形成するために不可欠な栄養や酸素を、
ママの血管から受け取れるようになります。
 

着床が成立した時点で、お腹の赤ちゃんは「受精卵」から
「胎芽」と、呼び名が変わるのです。



妊娠3週目で感じる症状とは?基礎体温はどうなる?


 

女性の中には、受精卵が着床する際に痛みや出血を感じる人がいます。


 
これを「着床痛」「着床出血」と呼びます。
 
胚盤胞は子宮内膜に入り込む際、絨毛で子宮壁を傷つけてしまうことで起こるものです。

 
その際に着床痛を感じたという女性も多いのですが、
場所や痛み方には個人差が激しく、自覚症状がない人の方が多いです。
 

また、妊娠3週目におりもののような質感の出血が見られた時には、
着床出血であることが多いです。
 

その色も、薄い茶色からピンク色、赤色と様々です。
 

ですが生理のような出血量ではなく、1~2日で治まります。


 
妊活中や不妊治療を行っている場合は、基礎体温をつけていることと思いますが、
妊娠3週目になると、その変化が体温でわかるようになります。
 

排卵日で一度下がった体温が、妊娠3週目のあたりに高温期のピークを迎えるのですが、
妊娠が成立していれば、そのままの高さが続きます。中には、さらに体温が上がる人もいます。
 

通常、高温期は12~16日続くとされていますが、
それを超えても体温が高いままなら、妊娠の可能性が高いです。



妊娠超初期でもつわりの症状が出る人も



 
そして、妊娠3週という妊娠超初期でも、つわりの症状が出始めるお母さんがいます。


 
妊娠超初期に感じるつわりの症状の例をあげてみると、微量の出血や眠気、
身体のだるさ、胸の張りや痛み、味覚や嗅覚の変化、涙もろくなるなどです。
 

これは、妊娠が成立したことで体内のホルモンバランスが変わることが原因です。
 

特に着床痛や着床出血が見られたお母さんにこうした症状があらわれたら、
それは妊娠のサインかもしれません。



妊娠3週で妊娠検査薬を使うときに気をつけたいこと




 
いち早く妊娠が知りたいと考えるお母さんが、市販されている
妊娠検査薬を使ってフライング検査するケースも増えているようです。


スポンサードリンク



 

ですが、妊娠検査薬は女性の尿中のhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)に反応して、
陽性か陰性かを見分けるという仕組みになっています。
 

妊娠の陽性反応が出るためには、hCG値が50mIU/mL以上なければなりません。
 

妊娠3週目だと、hCG値がこの数値に達していないので、
検査しても陰性にしかならないのです。
 

妊娠超初期用に、生理予定日前から使える妊娠検査薬も市販されていますが、
妊娠3週目ではやはり陰性になることが多いです。
 

また、生理予定日前にフライング検査を行い、
その時点で陽性だったにも関わらず、予定通り生理がくる女性もいます。
 

これは、化学流産したケースがほとんどです。
 

化学流産とは、受精卵が染色体異常だったために、
妊娠を継続できずに流れてしまうというものです。
 

医学的には、稽留流産や後期流産とは違い、流産に分類はされません。
 

ですが、待望の妊娠だった場合、誰に責任がないとわかっていても、
化学流産したことで受けるショックは大きくなります。
 

フライング検査をしなければ、生理として処理できるので、
余計に傷つかずに済むという現実もあるのです。
 
そのことも、理解しておきましょう。