妊娠4ヶ月目とは、妊娠12週~妊娠15週です。

妊娠4ヶ月目になると、お腹の膨らみが出て体のラインが変化し始める頃です。

 

この時期になると、皮膚が引っ張られるような感覚や、
下腹部に張りを感じて痛みを感じる場合もあります。

もし、長時間痛みが続いたり出血が伴っている場合は、
切迫流産の危険性があるので医師に相談しましょう。


スポンサードリンク




 

基礎体温は妊娠から続いていた高温期から低温期になります。
今まで着ていた洋服がきつく感じられる時期です。

 

この時期になると、つわりも落ち着いてくる妊婦も出てきます。

徐々に食欲が回復してくるに従い、今までのつわりの反動もあり
食欲が急速に旺盛になったりする場合もあります。

 

妊娠4ヶ月目の妊婦の体の変化

 

妊娠4か月目は、胎盤が成熟するので、お腹が膨らみ始めます。

子宮の大きさはグレープフルーツ大ぐらいになります。

 

子宮が骨盤の上の位置に上がってきますので、腰痛になる妊婦もいます。
子宮を支える靱帯がひっぱられるので、足のつけ根や下腹部が痛みます。

 

妊娠4ヶ月の赤ちゃん

 

急ピッチで成長する時期です。

赤ちゃんの身体は、大きさはおおよそ17センチ程度、体重は100g程度と
人間らしい大きさに成長します。

 

骨や筋肉などができ始めて水の量も増えてきます。

胎盤がほぼ完成するので、酸素や栄養をしっかり吸収できるようになります。

 

赤ちゃんの全身に産毛が生えて、背中を伸ばすような姿勢をとる時期です。
なぜかと言うと臓器を発達させるウォーミングアップだからです。

 

妊娠12週目

 

赤ちゃんの頭からお尻までの長さが60mmを超え、体重は10~15gになります。

赤ちゃんがこれだけ成長すると染色体異常などを
理由に赤ちゃんを流産する可能性は低くなります。

 

肝臓や脾臓などの消化器官が機能し始めます。
爪や眉毛、まつ毛などの体毛も少しずつ表れてきます。

顔の正面に目が形成されて耳もでき、だいぶ赤ちゃんらしくなります。


スポンサードリンク




気管も出来上がるので、呼吸の練習もスタートされます。

透明だった皮膚がだんだんと不透明になり、保護機能も上昇します。

 

妊娠13週目

 

赤ちゃんの手足の動きが自由になります。

手を握ったり、足のつま先を丸めたりなど複雑な
動作ができるので、妊婦も活発に動く赤ちゃんを体感できるでしょう。

 

口の中の発達が進んで口の骨に筋肉が付き、頬が形成されてきます。

歯茎の下には乳歯が生え、気管・食道・喉頭も現れます。

 

妊娠14週目

 

赤ちゃんの首が発達して、あごが胸から離れてきます。

手足には筋肉がつきはじめて、羊水の中で回転することもあります。

 

妊娠15週目

 

赤ちゃんの頭からお尻までの長さが104~114mmになり、体重は40gほどに成長します。

体の大まかな部分は完成して、指紋ができたり、足の爪ができたりとして発達します。

 

器官の形成が終わり、体や手足の骨、筋肉などがこれから発達してきます。

羊水量が増えてきて、手足の動きもしだいに活発になります。

 

妊娠4ヶ月のママの過ごし方

 

バランスのとれた食事摂取

 

栄養バランスを考えた食事をして赤ちゃんに栄養を届けましょう。
カルシウム、鉄分、ビタミン、ミネラルは、意識的に摂りましょう。

ただし、食べ過ぎに注意しましょう。
急激に体重が増えると妊娠中のトラブル発生率が高まるので、
一定のペースで体重が増えるようにしましょう。

つわりから解放されて安心した反動で、食べ過ぎてしまうと
体重管理が疎かになってしまいます。

 

歯科健診に行っておく

 

つわりから解放される時期なので、このタイミングで歯科受診しましょう。
これから、お腹がどんどんと大きくなってしまうと診察台で横になるのも辛くなります。

 

全身の保湿

 

かゆみや湿疹などのマイナートラブルや妊娠線対策を万全にしましょう。