妊娠がわかって喜んでいたのもつかの間、週数が進んでいくにつれて、
お腹の赤ちゃんがきちんと成長しているのかが、気になるお母さんもいることでしょう。

 
特に妊娠初期でつわりが重く、食事や水分が十分に
摂れていないお母さんは、気がかりなはずです。

 
そこで今回は、妊娠週数とお腹の赤ちゃんの大きさの
目安について、お話ししたいと思います。


スポンサードリンク




 

ですが、実際には成長には個人差があるので、大きさにこだわるのではなく、
お腹の中で元気に順調に大きくなっているかに着目してくださいね。

 

妊娠1ヶ月の赤ちゃんの大きさ

 

妊娠1ヶ月は、妊娠0~3週にあたります。
妊娠2週目に受精卵ができ、妊娠3週目に子宮内膜に着床することで、初めて妊娠が成立します。
この時期の赤ちゃんは「胎芽」と呼ばれ、身体にエラや長い尾があり、まるで魚のようです。

 
大きさも、わずか0.1mm程度で、超音波検査でも確認することはできません。

 

妊娠2ヶ月の赤ちゃんの大きさ

 

妊娠2ヶ月は、妊娠4~7週にあたります。
この時期の赤ちゃんは身体の器官が急速に発達し、7週になるころには人間らしい2頭身になります。
大きさも、8~16mmになります。

 

妊娠3ヶ月の赤ちゃんの大きさ

 

妊娠3ヶ月は、妊娠8~11週にあたります。
胎芽から胎児へと名称が変わり、目・鼻・口が形成され、
超音波検査で心臓や手足の動きが確認できるようになり、尿管が完成して排泄も行います。
大きさも、9cmに成長します。

 

妊娠4ヶ月の赤ちゃんの大きさ

 

妊娠4ヶ月は、妊娠12~15週にあたります。
胎盤が完成することで、栄養や酸素を十分に受け取れるようになるので、成長スピードがアップします。
内臓がほぼできあがり、性器もつくられ、骨や筋肉も発達していきます。
大きさは、18cm程度です。

 

妊娠5ヶ月の赤ちゃんの大きさ

 

妊娠5ヶ月は、妊娠16~19週にあたります。
このころになると、赤ちゃんの全身に産毛が生え、爪もできてきます。
羊水の中を自由に動き回る赤ちゃんの大きさは、20~25cm程度です。


スポンサードリンク



妊娠6ヶ月の赤ちゃんの大きさ

 

妊娠6ヶ月は、妊娠20~23週にあたります。
骨格ができあがり、皮下脂肪がつく時期です。
羊水を飲んで、尿を排出するようになり、大きさも25~30cmに成長します。

 

妊娠7ヶ月の赤ちゃんの大きさ

 

妊娠7ヶ月は、妊娠24~27週にあたります。
髪の毛が延び、視力も発達するので明暗がわかるようになります。
味覚も発達し、甘みや苦みがわかるようになるこの時期は、大きさが35~40cmになります。

 

妊娠8ヶ月の赤ちゃんの大きさ

 

妊娠8ヶ月は、妊娠28~31週にあたります。
目鼻立ちが整い、超音波検査で表情がわかるようになる時期です。
聴覚も発達し、お母さんの声など、音の聞き分けができるようになります。
オキさは、40~43cmぐらいです。

 

妊娠9ヶ月の赤ちゃんの大きさ

 

妊娠9ヶ月は、妊娠32~35週にあたります。
皮下脂肪がつき、しわや産毛が減ることから、赤ちゃんらしい体型になる時期です。
髪や爪も、しっかり伸びるようになります。
この頃の大きさは、45~48cm程度です。

 

妊娠10ヶ月の赤ちゃんの大きさ

 

妊娠10ヶ月は、妊娠36~39週にあたります。
さらに皮下脂肪が増え、ふっくらした赤ちゃんらしい体型になります。
内臓器官も完成しているので、いつ出産してもおかしくない状態です。
このころには、大きさが50cm程度になるのが一般的です。

参照:産婦人科の妊娠検査費用!初診や保険

参照:排卵出血は排卵後と排卵前どっち?

個人差があるので、大きさにとらわれ過ぎない

 

いまは情報過多の時代なので、お母さんはお腹の赤ちゃんに関する、
様々な情報にアクセスしやすくなっています。

 
そのため、妊婦健診でお腹の赤ちゃんの身長や体重を計測してもらうと、
妊娠週数の大きさの目安と比較して、一喜一憂するお母さんも少なくありません。
ですが、赤ちゃんの成長には個人差があるものです。あまり神経質にならないようにしましょう。