晩婚化が進む日本では、高齢出産する女性が増加傾向にあります。
ですが、高齢出産はリスクを伴うものです。

 
中でも、45歳以上の高齢で初産の場合、リスクはどのくらいあるのでしょうか。


スポンサードリンク



今回は、高齢出産とは何か、どんなリスクが考えられるのかについて、
お話ししたいと思います。

 

高齢出産の定義

 
日本産婦人科学会では高齢出産を、「35歳以上で初産」と定義しています。
これは、女性は35歳を過ぎると、自然妊娠の確率が
グッと下がってしまうことにも関連するようです。

 
25~30歳の女性が自然妊娠する確率は、25~30%といわれています。
ですが、35歳を超えるとこの確率が18%まで下がり、
さらに40歳を過ぎると1%以下になると考えられています。

 
特に37歳以降は自然妊娠の確率が急激に下がり、
42歳までに排卵される卵子の数が10分の1になるそうです。

 

高齢出産が抱えるリスク

 
高齢出産の女性が抱えるリスクは、自然妊娠が難しくなることだけではありません。
流産の発生率も、高齢出産だと上昇してしまうのです。

 
流産とは、妊娠22週以内に妊娠が終わってしまう状態のことをいいますが、
全妊婦さんの8~15%が経験するとされています。

 
ですが、25歳の女性の流産発生率は10%程度であるのに対し、
35歳では25%、40歳で40%、45歳を超えると50%になってしまいます。
そして高齢出産だと、妊娠してもダウン症の赤ちゃんを授かってしまう確率もアップします。

 

スポンサードリンク




これは染色体異常によるものですが、20歳ではダウン症の赤ちゃんを
出生する確率が500分の1であるのに対し、35歳では200分の1、
40歳では60分の1、45歳では20分の1まで上昇するといわれています。

 

45歳での初産のリスクとは

 
前述したように、35歳を過ぎての高齢出産は、それ以下の年齢の
お母さんと比べて、いろいろなリスクを負うことになります。

 
さらに45歳の高齢出産になると、妊娠しても流産の危険や
染色体異常が起こる可能性を否定できません。

 
こうしたリスクも考慮して、子どもを持つか持たないかを、
家族で話し合うことが不可欠です。

 

45歳で出産を決めたときに準備しておきたいこと

 
45歳で初産したお母さんの中にも、健康な赤ちゃんを産んだひとはたくさんいます。
ですが、万が一に備えて、妊娠や出産、育児の過程でリスクが発生しても
対応できるように、しっかり準備しておくことをおすすめします。

 

まず、体力を維持することです。妊娠期間は身体が大きく変化しますし、
出産も育児も体力勝負です。

 
高齢出産は、産後の回復が遅れることも多いので、
基礎体力をつけておく必要があります。

 
また、流産や染色体異常のリスクを少しでも減らすために、
妊娠前から葉酸を意識して摂取しておくとよいでしょう。

 
欧米では妊娠前からの葉酸摂取を早くから奨励しており、
ダウン症の発生率が10分の1まで減ったという報告があります。
できることは、何でも取り入れておきましょう。

 

次に、気持ちの準備です。

 

45歳以上の妊娠であれば、流産してしまったり、出産前に
胎児の異常が見つかる可能性が低くありません。

こうした事態が起こることも想定しながら、気持ちを強く持って、
家族と共に妊娠・出産に臨む意識が大切です。

参照:自閉症の原因妊娠中!母親と父親の高齢?

参照:高齢出産の障害児確率は?ダウン症のリスク

そして、環境づくりです。

 

45歳で高齢出産する女性の中には、仕事を持っているひとも少なくないはずです。

 

妊娠は病気ではありませんが、それにより女性の身体は大きく
変化しますし、つわりが重い、切迫流産や切迫早産してしまうなど、
不慮の事態に見舞われることも考えられます。

 

また、出産後も若いころのように身体は回復しませんし、
慣れない育児が重なって、心身共に追いつめられるお母さんも多いです。

 

家事や育児のバックアップ体制や、仕事と両立する方法について、
きちんと考えておくことをおすすめします。