経産婦は、妊娠・出産の経験がある分、気持ちに
余裕をもってマタニティライフを送ることができます。
そして、初産婦より経産婦の方がお産が進みやすいといわれています。

 

そこで今回は、経産婦の出産の進み方について、
陣痛間隔や分娩時間なども含めて、お話したいと思います。

 

経産婦と初産婦の違い

 
経産婦とは、過去に一度でも出産経験がある妊婦さんのことをいいます。


スポンサードリンク




 
過去に出産を経験していることで、早い段階で妊娠に気が付いたり、
胎動を感じたり、お腹が大きくなりやすかったり、お産が進みやすいなど、
初産婦とは異なる点がたくさんあります。

 
陣痛が起こってから出産までの時間も、経産婦の方が短くなることが多いです。

 

出産の進み方

 
陣痛は、不規則な弱い痛みから始まります。

 

そして、初産婦は陣痛の間隔が10分になったら病院に来るように
指示されることが多いと思いますが、経産婦の場合は15分間隔に
なったら連絡するのが基本です。

 

これは、初産に比べると子宮口が開くまでにかかる時間が短くなるためです。

 

そして出産ですが、分娩第一期、分娩第二期、分娩第三期の3段階に分かれます。

 

分娩第一期に子宮口が開大していき、分娩第二期に全開になって出産、
分娩第三期で胎盤を娩出します。

この出産にかかる時間が、経産婦は初産婦より短くなるのです。

 

分娩第一期にかかる時間は、初産婦が10~12時間、
経産婦は4~6時間といわれています。

 

分娩第二期でみると、初産婦は1~2時間、経産婦は30~1時間程度です。

分娩第三期は、初産婦も経産婦もかかる時間は変わりません。

 

 

経産婦の陣痛間隔はバラバラ?

 
陣痛間隔の正しい計り方は、子宮収縮の痛みを感じてから一度治まり、
再び始まるまでの時間までを計測します。


スポンサードリンク




そして、陣痛間隔はだんだん短くなっていくものです。
経産婦が陣痛間隔がバラバラだと感じているなら、前回より痛みが
弱くきちんと計測できていないか、上の子どもがいることで、
陣痛間隔を計ることに集中できていない可能性があります。

 
経産婦は、出産までの流れを理解していることもあり、前回の出産が
安産だった場合は特に、自分の体力を過信する傾向があるようです。

 
ですが、お産はその都度何が起こるかわからないものですし、
出産年齢は前回のお産のときより上がっているのですから、
リスクを避ける最善の努力をするのにこしたことはありません。
 

出産は、お母さんとお腹の赤ちゃんの命がかかった
大仕事だということを、心に刻んでおいてくださいね。

参照:陣痛の始まり初産と経産婦の間隔!

参照:妊娠初期に控えた方が良い注意する食べ物は?

 

経産婦だと陣痛や出産予定日に何か影響する?

 
経産婦は、過去の出産の経験に基づき、
いろいろな準備を進めるひとが多いと思います。

 
そして、「経産婦の陣痛は痛い」「出産予定日が早まる」などの
根拠のない風評を信じ込んでいるひともいるようです。

 
ですが、陣痛は個人差が大きいものですし、破水やおしるしが
起こるタイミングも、経産婦と初産婦で違うとはいいきれません。

 
また、一度ふくらんだ子宮は伸びが良いので、経産婦のお腹は
大きくなりがちですが、かといって出産予定日が早まるわけではないのです。

 
陣痛が起こるタイミングは、お腹の赤ちゃんの状態とお母さんの
精神状態など、いろいろな要素が絡み合って決まります。

 
上の子どもがいる分、自分が出産で入院するときに誰が面倒を
みてくれるのか、陣痛が起こったときの預け先はどうしたらいいのかなど、
考えなければならないことも多いはずです。

 
正産期に入る前に、自分の入院中あるいは産後のお床上げまでの
期間をどうするのか、家族できちんと話し合い、サポート体制を
決めておくと、精神的に余裕が持てるようになるはずです。

 
兄弟姉妹が増えることを心待ちにしている上のお子さんのためにも、
リラックスして出産の日を迎えてください。