妊娠検査薬でフライング検査をするお母さんが増えたことで、
生理と勘違いして気づかずに済んでいた化学流産の事実を
知るケースが多くなっています。

 
一般的に流産の後は妊娠しやすいといわれていますが、
それは化学流産も同じなのでしょうか?


スポンサードリンク





今回は、化学流産とは何か、その後の排卵は遅れるのか、
早まるのかについても、お話したいと思います。

 

化学流産は一般的な流産とは違う

 
化学流産とは、受精卵が子宮に着床するかしないかという段階で、
体外に排出されてしまうことをいいます。

 
妊娠のごく早い時期に起こるため、妊娠検査薬を使ってフライング検査を行い、
陽性反応が出たにも関わらず、子宮内に胎嚢を認めることはできません。
通常の生理と同様の出血があり、受精卵が自然に排出されてしまうのです。

 
生理予定日から一週間程度で起こることが多いので、お母さん自身に
自覚症状がないことも多く、もちろん後遺症の心配もありません。

そして化学流産は、医学的には流産には含まれないのです。

 
それは、妊娠が成立する前に起こる出来事だからです。
実は化学流産は、化学的妊娠と呼ぶのが正しいという説もあり、
臨床的妊娠とは異なります。

 
臨床的妊娠とは、妊娠検査薬で陽性が出るだけでなく、
超音波検査で胎嚢を確認することができます。
ですが化学的妊娠は、妊娠検査薬では陽性が出るものの、
超音波検査で胎嚢が見られることはありません。


 
化学流産は、受精卵に染色体異常があり、着床できない、
あるいは着床を維持できないことで起こります。

 
だから産婦人科でも、化学流産が流産回数にカウントされることはないのです。

 

化学流産後は妊娠しやすくなるの?

 
流産後に妊娠しやすくなるというのは、本当の話です。
ですが、ここでいうのは稽留流産や自然流産のことをいいます。

 
超音波検査で胎嚢が確認できた赤ちゃんが、その後に成長を
止めてしまった状態になると、子宮内をきれいにしなければなりません。

 
自然流産なら自然に胎嚢が排出されますが、
稽留流産は手術で子宮内をきれいにします。


スポンサードリンク



そうした理由で子宮内がリセットされると、
受精卵が着床しやすくなるといわれているのです。
そのため、妊娠しやすくなります。

 

化学流産後の排卵は遅れる?早まる?

 
化学流産は、胎児の染色体異常が原因ですし、
起こる時期も生理予定日から一週間前後であることが多いので、
排卵に影響はないといわれています。

 
もし、化学流産後に排卵が遅れたり、早まったりしているとしたら、
ホルモンバランスの乱れやストレスが原因かもしれません。

 
化学流産のショックも影響しているのかもしれませんが、
排卵日がずれるのは、女性なら誰でも起こりうることです。

それほど神経質になることはないでしょう。
また、化学流産は生理とさほど変わらないので、
翌月に妊娠しても何ら問題はありません。

 

参照:産婦人科の妊娠検査費用!初診や保険

参照:排卵誘発剤注射は痛い?副作用で太る

 

化学流産後に妊娠確率をアップしたいなら

 
化学流産は、運悪く受精した卵子あるいは精子に
染色体異常なので起こったことです。

それは、誰にも防ぐことはできません。

 
ですが、お母さんとお父さんの食事や生活習慣を変えることで、
卵子や精子の質をあげ、未然に防ぐ努力はできます。

 
栄養バランスのとれた食事をする、質の良い睡眠を心がける、
適度な運動をする、身体を冷やさないようにするなど、
できることはたくさんあります。

 
化学流産を知ったのは残念な出来事でしたが、
妊娠できる身体であることが証明できたという側面もあります。

 
流産を予防したいなら、お母さんがストレスをためないことが一番です。
受精卵の質を高めるのはもちろん、
着床しやすい子宮の状態をつくることも大切です。

 
妊娠を希望するなら、葉酸のサプリメントなどを飲み、
身体を整えることから始めましょう。