妊娠検査薬で陽性反応が出て、意気揚々と産婦人科を受診したのに、
お腹の中に赤ちゃんはいなかったという経験をする女性は少なくありません。
その原因として考えられるのが、「化学流産」です。


 
そこで今回は、化学流産とは何か、原因と症状、
起こる時期などについて、お話したいと思います。

 

化学流産って何?

 
ケミカルアボーション(Chemical abortion)とも呼ばれる化学流産は、
受精卵が子宮に着床したものの、それが長続きせず、
妊娠に至らなかった状態のことをいいます。


スポンサードリンク





受精した後に、赤ちゃんを包む胎嚢ができる前に
発育が止まることも、化学流産に含まれます。

 
医学的には妊娠22週までに妊娠が終了したものを流産と定義しており、
そのうち80%が妊娠12週未満で起こっています。

 
流産する確率は、妊娠した女性の10~15%程度といわれており、
決して珍しいことではありません。

 
そして、化学流産は医学的には流産に分類されておらず、
妊娠したことに気づかず、普通の生理と思っている女性も少なくないのです。

 

化学流産の原因って何?

 
化学流産の原因は、ほとんどが胎児の染色体異常だと考えられています。

 
受精した卵子あるいは精子に染色体異常があった場合、受精卵に
なっても子宮に着床しにくかったり、着床しても早い時期に流産しやすくなるのです。

 
これは、お母さんの生活習慣などで起こるのではなく、赤ちゃんが
妊娠を継続できない理由を持っているということです。

 

化学流産の兆候って?

 
妊娠検査薬が市販されるようになり、化学流産に気づくお母さんが増えています。
 



スポンサードリンク




体内で受精卵ができ、一時的に着床することで、出血や腹痛のほか、
吐き気や臭いに敏感になる、頭痛といったつわりの症状を感じるお母さんもいます。
 
流産と聞くと、激しい出血を思い浮かべるひとも多いと思いますが、
化学流産の場合は生理と同じような出血なので、自覚症状が
ないまま過ごしている女性も多いです。

 
ですが、一部のお母さんの中には、化学流産のときだけ塊を含めた
ドロッとした出血をしたり、普段より生理痛がひどいと感じることもあるようです。

 

化学流産は治療が必要なの?

 
化学流産は、普通は手術や治療などを行うことはありません。
ですが、子宮内に胎嚢の一部が残っていたり、子宮外妊娠の
可能性があるときには、処置をすることがあります。


 
化学流産は、生理予定日から一週間ぐらいの間に起こることが多いので、
いつもと違うと感じたら、一度産婦人科を受診してみることをおすすめします。
化学流産をしたとしても、その後の生理と同じように、すぐに妊娠することは可能です。

参照:病院で妊娠検査方法はどうやる?

参照:妊娠検査(10 IU)いつから陽性反応ある?

 

化学流産しないためにできることは?

 
産婦人科で化学流産を告げられたお母さんの多くは、
「何かできることがあったのではないか」と、自分を責めるようです。

 
ですが、胎児の染色体異常については、お母さんやお父さんが
どれほど気を付けたところで、どうにかなる問題ではありません。

 
そのため、化学流産を防ぐ予防法や対策はないのが現状です。
とはいえ、次の妊娠に備えて、
お母さんの身体の準備をしておくことはできます。

 
妊娠しやすい身体をつくるためにも、日ごろからシャワーではなく
湯船につかったり、身体を冷やす食べ物や飲み物は避けるなど、
血行不良にならない習慣をつけることが大事です。

 
また、女性ホルモンのバランスをよくするためには、適度な
運動をすることがおすすめです。毎日ストレッチをしたり、
ウォーキングや軽いジョギングなどをするよう、心がけましょう。

 
さらに、栄養バランスのとれた食事と生活リズムを整え、
睡眠時間を確保することが、健康な身体づくりには有効です。
いつ妊娠しても大丈夫なように、自分の健康を保つ努力を始めておきましょう。