自閉症とは?の疑問をまずは説明したいと思います。

「自閉症」と聞くと部屋にこもって心を閉ざし
殻にこもった引きこもりっぽい感じを
思い浮かべる方がほとんではないでしょうか!


スポンサードリンク




実は違います。

自閉症は心の病気ではないし、
親の躾のせいでもありません。

生まれ持った脳の障害によって起こる発達障害です。

最近では医学心理学の進歩の成果で自閉症が
少し理解されるようにはなってきているかと思います。

ただ。まだ解明不能な部分も多く
なぜ発症するのかなどの解明は出来ていません。

何年か前までは1万人に5人くらいと言われていた
自閉症児でしたが、現在では細かく分類された

自閉症を全て含みますと1000人に2~6人、
軽度のタイプで分かりにくい自閉症も含めると
100人に1人は居ると推定されています。

特徴としては、大きく分けると3つほど上げられます。

・対人関係による問題
・コミュニケーション(言語の問題)
・興味の偏り、こだわりによる常同運動の問題

対人関係に関しては幼児期くらいまでだと
視線が合わない。

・呼んでも振り向かない
・人に関心がないなどが見られます。


一人遊びが多く構おうとすると嫌がったりする場合もあります。

外出時には迷子になる事も多く手は絶対に
離せない状況が続きます。

反対に人見知りがなく誰にでも馴れ馴れしく
付いて行ってしまう子もいます。

周囲との関わりがマイペースなので、落ち着きがなく
集団行動が出来ない子や人の気持ちを感じ取る事が
出来ない子も居て交流の困難さがあります。

コミュニケーションの問題でいいますと、
言語の遅れ、反対に言語は発達しているが
流暢な話し方をしたりする場合もあります。

興味のある物も名前は繰り返し言うが
ママ・パパが言えないなど偏りがある場合もあります。

一度出てた言葉が出なくなったりし親は?
って思うときもあるかと思います。

それは「折れ線型発症」と言い自閉症児の
約3分の1に起こるとされています。

指差しをせず欲しい物があると親の手を引き
その場所に行く「クレーン現象」などもあります。


スポンサードリンク




言葉が出だしても親が言った事をオウム返しで返したり、
独り言、声が大きく調節が難しかったり、
会話が成り立たないなどもあります。

目上の人にも対等なタメ口で話したりする子もいます。

バイバイの手の向きが自分に対してしてしまう
「さかさバイバイ」をするなど少し変わった
行動で表れる場合もあります。

常同運動とは、手をヒラヒラ目の前でし見つめたり、
くるくる回ったり、つま先立ちで歩いたり、回る物が大好きで
長時間眺めていたりと変わった行動を繰り返しする事です。

高い所に登るのも好きです。

環境や状況の急な変更に順応しにくく、
はしゃいだりする時もあります。

いつも通ってる道と違う道で帰ろうと
すると怒る場合もあります。

こだわりがキツイ物に対しては徹底してこだわり、
興味がない物に対しては全くこだわりが無く、

靴や服などで好きなキャラクターなどがあれば、
ずっと同じ物を着ると聞かなくなる場合もあります。

発達が比較的良い状態の子どもには
常同運動はない場合もあります。

3歳~4歳くらいに強く表れる事が多く
成長と共に落ち着いてくるとされています。

このような特徴が見られたら自閉症を
疑って見るべきかも知れません。

将来を悲観してしまう方もおられると思いますが
幼少期に発見出来れば改善もさせますし、

検診などには進んで参加し少し様子がおかしいと
思えば相談員さんもおられます。

子どもの将来が気になるのであれば、
適切な対処が一番ですので、
悩みながらでも先に進むようにしてください。

早期発見であれば児童ディ(通園施設)なども
利用出来ますし、3歳までに療育が受けれると、

かなり効果があると言われていますので、
嘆く前に行動あるのみです。

経験者の私だから言い切れます。