自閉症の赤ちゃんの症状の一つとしてクレーン現象と言う物があります。
それはどのような事を行うのかと言う事や、クレーン現象以外の
自閉症の赤ちゃんの特徴等を紹介します。


スポンサードリンク




 

気を付けておきたい事としては下記の特徴が赤ちゃんに見られたからと言って、
自閉症だと判断してしまわない事です。

 

赤ちゃんが自閉症ではないかと考えたら、専門機関等に話をする事が大事です。

 

 

【クレーン現象とは何か?】

 

クレーン現象とは自分ではない人の手を使用して、
自分の希望を叶えようとする動きの事を言います。

 

クレーン現象は、自閉症の赤ちゃんの特徴の一つだとされています。

 

あくまで特徴の一つなので、自閉症の赤ちゃんでも
クレーン現象がないケースもあります。

 

更に、健常児の場合でも一時的にクレーン現象を行う場合もあるのです。

 

よって、安易に判断してしまうのではなく他の自閉症の症状がないか、
よく確認するのも大切だと言えます。

 

健常児の赤ちゃんであっても1歳から2歳前後までは
クレーン現象が行われる場合があります。

それよりも年齢を重ねると健常児の赤ちゃんは指差し等が出来る様になり、
クレーン現象をしなくなるとされています。

 

よって、強制的にクレーン現象を治させるのではなく、意思疎通の
手段が未熟である事も考えて成長を促す対応を取って行くと言うことになります。

 

自閉症の赤ちゃんのクレーン現象の傾向として、他人と手を使用する時に
その人の表情等を伺わず、手だけを見て道具のように扱う事等が挙げられます。

 

もし、赤ちゃんが自閉症かも知れないと考えたら独断で決めつけてしまうのではなく、
専門機関等に話をして見ると良いです。

 

 

【自閉症の赤ちゃんのクレーン現象以外の特徴とは?】

 

それでは、クレーン現象以外に自閉症の
赤ちゃんにどのような特徴が見られる事があるか紹介します。

 

まず、気持ちのやり取りをするのが難しかったりすると言う特徴があります。


スポンサードリンク




言葉を話さなかったり、言葉の面で発達が遅れていたりする場合があります。

 

母親に対しても目を合わせなかったり、名前を言われても反応しなかったりします。
また、落ち着きがなく動き回っていたがると言う多動の特徴が見られる事があります。

 

特に理由がなく動きたがったり、人に抱かれていても周りに目が入っている等です。

加えて、何らかのこだわりを見せると言うのも特徴です。

 

何かにこだわりを見せて、それを同じ様に行うと言うのを守りたがったりします。

 

例えば、同じ所に同じ物を置いておきたがったり、同じ道で歩きたがったり等をします。

 

更に、お母さんであっても、抱っこされるのに嫌悪感を示したりする事があるのも特徴です。

 

抱っこをされると赤ちゃんは、反り返ったりする事もあります。
他にも、赤ちゃんがお母さんの後を追わなかったり等の特徴があります。

 

勿論、上記は特徴であって、実際に自閉症かどうかと言うのは
専門機関で診断しなくてはいけません。

 

加えて、自閉症だった場合は早い時期に対応を行う事が大事です。

 

よって、自閉症の特徴に赤ちゃんが当て嵌まる点が多いと言う場合等は、
速やかに専門機関等に話をして見ると言うのをおすすめします。

 

自閉症の治療方法としては療育を行ったりであるとか、
薬が処方されたりする事等もあるようです。

 

療育で行われる事としては、社会に適応できるように
訓練等を行ったりするようです。

参照:自閉症スペクトラム指数!幼児の点数

参照:自閉症スペクトラム障害の治療改善方法

 

療育はそれぞれに適した物を行う事が大切になります。

 

薬の服用をさせる場合等は、
その副作用についてもよく把握される事が大事だと言えます。

 

まとめ

 

赤ちゃんにクレーン現象の行動が見られたら、他自閉症の
特徴もないかと言うのも確認をして、自閉症ではないかと
考えられたり等をしたら専門機関で話し合ってみる事をお勧めします。