自閉症の赤ちゃんは人見知りしない特徴があると言うのは、
聞いた事があると思います。

ここでは、自閉症の赤ちゃんは人見知りをしない特徴があるのか、
何故、赤ちゃんは人見知りをするようになるのか等を解説します。

 

【何故、赤ちゃんは人見知りをするようになるのか?】

 

人見知りの時期は何時ぐらいから始まるのかと言うのは、赤ちゃんによっても違いします。


スポンサードリンク





ただ、一般的に人見知りを始めるのが早期である赤ちゃんだと生まれてから半年程度です。

人見知りは赤ちゃんが成長するにつれてしなくなる事が多い、一時的な物だとされています。

 

人見知りは、成長をする事によって周囲の人を識別できるように
なった事が原因とだと一説にはあります。

 

識別出来る様になった事によって知らない人が分かるようになり、
それによって反応が起きるようです。

 

【自閉症の赤ちゃんは人見知りしない特徴があるのか?】

 

自閉症の赤ちゃんは人見知りしないと言う特徴があると一説にはあります。
しかし、自閉症の赤ちゃんであっても酷い人見知りをするケースもあるようです。

また、自閉症ではない赤ちゃんの場合も人見知りをしないと言う場合があり、
これは本人の性格や育った環境等が影響しています。

 

例えば、赤ちゃんの性格にもよりますが、人に会う機会が沢山あった場合が
人見知りをしない傾向にあるとされています。

 

 

よって、人見知りをしないと言うだけで赤ちゃんを自閉症であると
判断するのは避けた方が良いと言えます。

 

 

【自閉症の子供の年齢ごとの特徴とは?】

 

これらの特徴だけでは自閉症であるかと言うのは、はっきりと決められないです。
ただ、自閉症の子供はこのような特徴が見られるケースもあると言う事になっています。
実際に、自閉症であるかと言うのは専門機関等で診断をしてもらうと言う事になります。

 

・自閉症の子供が生まれてから3カ月前後の場合の特徴

 

あまり感情を表に出さずに笑顔を見せないと言うのが特徴としてあります。
また、母親であっても抱っこをする時に嫌悪感を示して、体を反らせたりします。


スポンサードリンク





例えば、横に抱いた時には、抱いている人間の正反対の方向を向かれたりします。

 
更に、呼んでもそちらの方向を向かなかったり、1人にしても相手をして
欲しいと泣いたりする事もない場合等があります。

 

他に、相手が母親であっても目を合わせようとしないと言う事も挙げられます。
合わせようとしても赤ちゃんに目を伏せられてしまったりします。

 

・自閉症の子供が生まれてから半年前後の場合の特徴

 

まず、母親の後を追わなかったりすると言う特徴が挙げられます。
それから、特に目的がなくても動いていたがる多動の傾向が見られたりします。

 

他には、喃語を口にする事がそれ程なかったり場合等があります。

 

・自閉症の子供が1歳前後の場合の特徴

 

まず、偏食が起きていたりする場合があります。
また、クレーン現象を行ったりする事もあります。

 

クレーン現象とは、自分の手ではなく他の人の手を使って、
自分の要求を行わせようとする行動の事です。

 

加えて、周りの人の模倣等を行わない等の特徴もあります。
他には、他の人に対する興味があまりなかったりします。

 

遊ぶ際にも個人的に行っていたりする事等があります。

 

・自閉症の子供が3歳前後の場合の特徴

 

何かに対するこだわりを強固に持っていたりする場合があります。
また、多動気味の傾向があったりもするようです。

 

他にも、言葉の面の成長に遅れがあったりする事等があります。

参照:自閉症の赤ちゃんの原因は?水銀の関係性

参照:自閉症スペクトラム指数!幼児の点数

 

【まとめ】

 

人見知りをしないからと言って赤ちゃんを自閉症であると決めてしまうのではなく、
他の自閉症の特徴がないかと言うのも確認した方が良いです。

 

もし、他の自閉症の特徴もある等の場合は、専門の機関等で早めに話し合います。