自閉症の赤ちゃんの顔つきに特徴があるのかと言うのは、
気になっている方もいると思います。

そこで自閉症の赤ちゃんの顔つきに特徴があるか、
自閉症の赤ちゃんや子供の顔の関連の特徴、
自閉症の子供に対する接し方等の解説をします。



 

【自閉症の赤ちゃんの顔つきに特徴はあるのか?】

 

自閉症の赤ちゃんの顔つきだけで自閉症かどうか
というのは判断が出来ないようです。


スポンサードリンク




自閉症は顔つきにどのような特徴であるとする説はありますが、
それだけで自閉症かと言うのは分からないと言えます。

 

赤ちゃんが自閉症かどうか検討されたいと言う方は、
他の自閉症の特徴に当て嵌まらないか観察をして
自閉症ではないかと考えた場合や、あるいは不安を
抱えている等の際に、専門機関等で話し合って見た方が良いです。

 

自閉症かどうかと言うのは専門機関等で診断してもらうと言う事になります。

 

【自閉症の赤ちゃんや子供の顔の関連の特徴】

 

自閉症の赤ちゃんや子供の顔の関連の特徴について紹介します。
下記でも紹介しますがここの特徴だけでは自閉症かと言うのは分かりません。

 

自閉症の赤ちゃんや子供には、このような特徴の場合もあると言う事になっています。

 

〈自閉症の赤ちゃんの顔の関連の特徴1:目を合わせようとしない〉

 

自閉症の赤ちゃんは、目を合わせようとしないと言うのが特徴として挙げられます。
この理由としては、目を合わせると言う事に恐怖感を抱いている等の説があります。

 

しかし、自閉症ではない赤ちゃんでも目をそらすと言う動作は行われる事があります。

その理由としては、赤ちゃんが内向的だと言った本人の性格による物や、
目を合わせる事よりも本人にとって興味のある事が他にあった等が挙げられます。

 

〈自閉症の赤ちゃんの顔の関連の特徴2:表情〉

自閉症の赤ちゃんは、表情の起伏が余り見られないと言う場合があるようです。

 


スポンサードリンク




〈自閉症の子供の顔の関連の特徴3:横目〉
自閉症の子供は、目的がなくても横目で見たりする事があると言う説もあります。
理由としては、横目で見る事が本人にとっての刺激になっている等の説等があるそうです。
ちなみに、横目は自閉症ではない場合でも行う場合もあったりします。

 

【自閉症の子供に対する接し方】

 
自閉症の子供と接する場合は、どのような事に気を付けて行けばいいのか解説します。

 

〈自閉症の子供に対して言い付け等を行う時に気を付ける事〉

 

言い付けを行う時には、子供が理解をしやすい様に簡潔に行うように注意をします。

 

また、子供がしてはやってはいけない事をしてしまった時に
言い付ける際も注意する事が必要だったりします。

 

この時には、否定よりも肯定の形にした方が良いです。

 

例えば、「ちゃんとコップは飲み終わったら流し台に持って行って」と言う形ではなく、
「コップは飲み終わったら流し台に持って行きます。」と言う形にします。

 

更に怒鳴る等の大声は出さない様にして、時間は置かずに言うようにします。

 

〈突然、予定を変えてしまう事は控える〉

 

突然、予定を変えてしまう事は控えた方が良いです。
しかし、予定を変える必要があると言う場合もあると思います。

 

そのような場合には、予め本人に理解がしやすい様に説明して行く事になります。

〈こだわりに対する対応〉

 

自閉症の子供は強固なこだわりがある場合があります。
それに関しては、強制的に止めさせるのではなく、周りを
困らせたり等をするような物でなければ分かってあげると言うのも大事です。

参照:自閉症の赤ちゃんの原因は?水銀の関係性

参照:自閉症の子供の特徴と症状は?

 

【まとめ】

 

赤ちゃんが自閉症かどうかというのは、顔つきの特徴だけでは
判断できないと言う事になります。

 

そうして、不安を抱えている場合や他の自閉症の特徴が観察された場合等は、
専門機関等で話し合うと言う事になるようです。