想像妊娠という言葉を、みなさんも見聞きしたことがあるでしょう。
これは、妊娠していないのに、身体に様々な変化が起こる状態のことをいいます。

 
そこで今回は、想像妊娠の原因や症状、
治し方などについて、まとめておきたいと思います。

 

想像妊娠とは何か。どんな症状が出るのか

 
想像妊娠とは、妊娠していないのに、
まるで妊娠したかのような症状が身体に出ることをいいます。


スポンサードリンク





具体的には、生理が遅れる、乳房が張る、乳頭が黒くなる、
つわりの出現、下腹部の張り、微熱、などの妊娠初期と同じような症状が出ます。

 
ほとんどの場合は、早いうちに産婦人科で検査することで
妊娠していないことがわかれば、そうした症状が消えていきます。

 
ですが、妊娠したいという思いが強い女性だと、陰性判定を
受け入れられず、そのまま進行してしまうことで、
予定日近くに出血や陣痛が起こるまで症状が続くこともあります。

 

想像妊娠してしまう原因

 
想像妊娠してしまう原因は、現在の医学では解明されていません。

 
妊娠を強く希望していたり、どうしても妊娠したくない女性が極度の
ストレスを感じたときなどに、大脳が妊娠したと誤認することで、
妊娠初期の症状が出るというのが、現在の通説です。

 
想像妊娠は、性行為の有無に関係なく起こるため、特定の男性の
子どもを授かりたいと強く願っていたり、流産した女性が赤ちゃんを
産みたいという思いを激しくするだけでも、症状が起こることがあります。

 

想像妊娠の場合、妊娠判定はどう出るのか

 
市販でも病院でも、妊娠判定のために尿検査を行います。
妊娠検査薬は、受精卵が着床したときから分泌を始めるhCG
(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)の尿中濃度により判定します。

 
想像妊娠の場合、出現する症状は妊娠初期と変わりませんが、
hCGが分泌されることはありません。



スポンサードリンク




そのため、妊娠検査薬で調べても、必ず陰性になります。

 

想像妊娠した場合の治し方

 
想像妊娠しやすいのは、妊娠を強く望んでいるか、
極度に妊娠を拒否している女性であるといわれています。
そうした女性が強いストレスにさらされたときに、想像妊娠を発症します。

 
想像妊娠の治療方法は、自分が妊娠していないことを自覚させ、
感じている強いストレスを取り除くことが一番です。

 
現在は超音波検査が妊婦健診に取り入れられていますから、
早期の段階で想像妊娠であることがわかるものです。

ですが中には、胎児に影響があることを理由に、
超音波検査を拒否することで、想像妊娠が長引く女性もいます。

 
産婦人科で妊娠の兆候が認められないのに、かたくなに
妊娠を主張するようであれば、心療内科や精神科などを受診して、
相談するのも一つの方法です。

 
また、女性ホルモンのバランスの乱れが原因のときは、産婦人科で
ピルを処方してもらい、服用することで症状が治まることがあります。

参照:生理が一週間こないで陰性の時は妊娠していない?

参照:産婦人科の妊娠検査費用!初診や保険

 

想像妊娠を避けるためにできること

 
想像妊娠は、本人にもその家族にも傷を残しかねません。
特に、流産や早産で赤ちゃんを失った経験のある女性の場合、
子どもを切望するあまりに、想像妊娠してしまうことがあるので、注意が必要です。

 
こうした悲しい事態を避けるためにも、日頃から基礎体温をつける
習慣をつけ、体温の変化を客観視しておくのもよいでしょう。

 
排卵後に妊娠すると高温期が続きますが、妊娠していない場合は
16日前後で終わることが多く、想像妊娠であることがわかりやすくなるのです。

 
中には妊娠していないにも関わらず、高温期が3週間以上続く女性もいますが、
この場合は黄体依存症かもしれません。その場合は、治療が必要です。

 
想像妊娠を避けるためにも、疲労回復に努める、ストレスやイライラを
ため込まない生活を心がけたいところです。

 
家族で対処しようとせず、専門家のサポートを受けることも、
念頭に置いておきましょう。