40代・50代になると、生理周期の乱れを感じる女性が増えてくるものです。

そして、生理がこないことで、婦人科系の病気を疑う方も少なくないでしょう。
そこで今回は、40代・50代で生理がこない原因について、まとめておきたいと思います。

 

生理が遅れても安心な目安

 
28日周期で毎月生理を迎えていた女性にとって、2~3日こない日が
続くだけでも、何か病気が隠れているのではないかと心配になるものです。


スポンサードリンク





ですが、生理がこなかったり、多少遅れたりするのは、問題がないことも多いものです。
女性の生理周期の正常な範囲は、25~38日といわれています。

 
いつもより生理が遅れても、この範囲内で生理が見られるなら、それほど心配はありません。
前回の生理より39日以上遅れたときは、一度病院で検査を受けることをおすすめします。

 

40代・50代で生理がこない原因

 
40代・50代の女性に生理がこない原因の大半は、
妊娠ではなく、更年期を迎えつつあることです。

 
更年期とは、閉経前後の約10年間のことをさします。
日本人女性の平均閉経年齢は50.5歳といわれているため、
更年期は45~55歳の10年間と考えられています。

女性が持つ卵巣機能は、30代後半から働きが弱まり、
40歳を超えると急激に低下するものです。

 
卵巣から分泌されていたエストロゲンが激減することで、
ホルモンバランスが乱れ、身体に変化が起こることで、更年期症状が出てきます。

 

更年期障害の症状とは

 
更年期が原因で生理がこない場合は、
そのほかに更年期症状が起こっていることがあります。

 
手足の冷えや肩こり、腰痛、めまい、不眠、頭痛、肌荒れ、のぼせ、
ほてり、発汗、耳鳴り、動悸、不安感など、出る症状には個人差があります。


スポンサードリンク





ひとによっては、更年期障害が出ないこともあるので、生理がこない、
不順な時期が長く続くようなら、一度婦人科を受診してみることをおすすめします。

 

ストレスが原因で遅れることもある

 
40代・50代の女性の生理がこない原因は、更年期障害だけではありません。

専業主婦でも働く女性でも、40代・50代は家族や仕事の問題などを抱え、
ストレスにさらされることが多いものです。

 
卵巣機能は脳の視床下部から指令を受けて働いていますが、
ストレスにより自律神経が乱れると、女性ホルモンの分泌にも悪影響を及ぼします。
睡眠不足や偏った食生活も、身体にとっては大きなストレスです。
これまで周期的に生理を迎えていた女性なら、
まずストレスや生活の変化をチェックしてみましょう。

 

病気が原因で生理がこないこともある

 
そしてもう一つ、40代・50代の女性に覚えておいてほしいのが、
病気が原因で生理が遅れることもあるという事実です。

 
原因として考えられる病気には、子宮内膜症や漿膜下子宮筋腫、
粘膜下子宮筋腫、近走内子宮筋腫、子宮腺筋症などといった、
子宮機能そのものを止めてしまうものから、子宮の入り口に発生するものまで様々です。

 
こうした病気は、診察を受けなければ見つからず、治療にも入れません。

 
治療が遅れることで、子宮の摘出手術が必要になる可能性もありますので、
子宮がん検診を受けていない女性は特に、一度婦人科を受診しましょう。

参照:妊娠週数の自動計算と出産予定日!生理周期や排卵

参照:陣痛の始まり初産と経産婦の間隔!お腹の張り、便意、生理痛

 

閉経に向けて、心の準備をしておこう

 
若くてオシャレな40代・50代の女性が増えていますが、誰でもいつか閉経を迎えます。

 
閉経とは、最後の生理から一年を過ぎても生理がこない状態を指し、
それを超えて60代になるころには、エストロゲンやプロゲステロンは
ほとんど分泌されなくなるのです。

 
更年期や閉経を迎えた女性の中には、生理がこないことで自分の
性的アイデンティティに疑問を持つひともいるようですが、
生理の有無が女性であることの証明ではありません。

 
更年期で生理が遅れがちになった時点で、
閉経に向けた心の準備を始めておきましょう。